アオサギ


絵を描くための資料を撮りに箱島へ行った時の事。

車をとめて、降りた時、目の前の木の枝に大きめな鳥のシルエットがありました。

けっこう大きくて最初は鳥だとすぐに分かりませんでしたが、カメラでズームするとすぐにアオサギだと分かりました。

アオサギはサギの仲間の中で1番大きい種類なのだそうです。ここ30年で日本各地で見られるようにまで繁殖したのだそう。

普段見る野鳥の中ではダントツに大きかったのと、木の枝にとまっている所を初めて見たのでけっこう迫力を感じましたが、ずっと見てると、なんだか風に吹かれて気持ち良さそうに見えました。

もし宜しければ動画もありますのでどうぞ。

(ユーキ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA