カテゴリー別アーカイブ: 四万温泉や群馬県のこと

血が騒ぐ


こんにちは、Kenです(*´ω`)

先日、ちょっと気になってはいたものの、まだ行けていなかったこんにゃくパークに行ってきました!

施設内では、こんにゃく料理の無料バイキング、こんにゃくやゼリーの詰め放題、手作りこんにゃく体験、平日にはこんにゃくの製造ライン工場見学もできます( ゚Д゚)

この日は土日だったため、製造ラインは稼働していませんでした…。

しかし目的はバイキングと詰め放題( *´艸`)

まずは無料バイキング。

こんにゃく焼きそば、こんにゃくの唐揚げ、しらたきの天ぷらなどなど。

こんにゃくラーメンも。

当然ながら、ひと通り盛ります(~o~)

レバ刺し風こんにゃく、冷やし中華こんにゃく、刺身こんにゃく。

全てこんにゃくで出来ている割に、どれも美味しかったのですが、刺身こんにゃくは柏屋旅館の女将さんの手作り刺身こんにゃくの圧勝です(∩´∀`)∩

締めのカスタードプリン風こんにゃく。「これもこんにゃくなの!?」ただの少し固めのカスタードプリンでした!(;゚Д゚)

個人的には、天ぷら、ラーメン、プリンがよかったかな(´ー`)

お腹を満たした後は詰め放題です!

こんにゃくの詰め放題もありましたが、今回は飲むゼリー!

詰め放題といえば…以前、桔梗信玄餅工場テーマパークでの詰め放題で奮闘!

信玄餅の時ほど気合を入れては臨みませんでしたが、やはり血が騒ぐ(; ・`д・´)

コチラの飲むゼリーBIGは120円で販売していたので、5個以上詰めれば元が取れる計算。ただ、“BIG”なので詰めるのは大変です。

信玄餅のように結ぶ必要はなく、ある程度収まっていればOK。どうにか8個詰めました。念入りに袋を伸ばしてから始め、詰めながらさらに伸ばせばもっといけるのだろうか…。チャレンジした方がいたら教えてください!笑

こんにゃくパークを後にし、帰りに近くのカフェ、ちゃきちへ。

ちゃきちは、日本茶専門店が開いた「茶フェ(お茶カフェ)」です。

日本茶、抹茶はもちろん、甘味やジェラートも充実!

なかでもオススメはジェラートの「抹茶極」。

スイーツの領域を超えた、濃~~~い抹茶ジェラートです。是非お試しあれ!

 

余談ですが…

なんとこんにゃくパークとちゃきちの間には、かの有名な世界遺産・富岡製糸場があるんです!

四万温泉にお越しの際、お帰りの際に、こんにゃくパーク~富岡製糸場~ちゃきちという黄金ルートをはしごしてみてはいかがでしょう!三(っ・ω・)っ

Ken

棚下不動の滝


こんにちは、Kenです(*´ω`)

先日、棚下不動の滝へ行ってきました。

駐車場から遊歩道に向かう途中には、不動明王が鎮座しています。

落差37メートルの滝で「日本の滝100選」にも選ばれています。

2011年の震災で大規模な崩落があり、ずっと立ち入り禁止だったのですが、昨年3月に整備され、なんと6月の豪雨で今度は階段が崩落。さらに1年の全面通行止めを経て、今年8月に復旧されたばかりだったようです!

裏見の滝としても知られており、今回は行きませんでしたが真裏からも見ることができます。

四万から渋川伊香保インターへ向かう途中、国道17号を沼田方面へ15分程度で着きますので、お帰りの際に寄ってみてください( ˘ω˘ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが、今も2~3日に1回以上の頻度で、中之条のあちこちで熊の目撃情報が出ています。

私は、山や奥四万湖外周を走るときなど、熊鈴を携行していますが、今使っているものは安かったので錆や傷でだいぶくたびれていました。

なので今回熊鈴を新調!ネットで1つポチっとして、さらにもう1つを中之条のお店でゲット!

今までの物よりもはるかにいい音が!(∩´∀`)∩

つけて走らねば!三三三(っ・ω・)っ

Ken

四万温泉の紅葉2020、四万温泉は街全体が紅葉の名所


四万大橋の紅葉

春の桜や新緑、四万ブルーの湖や渓流、雪景色など、四万温泉の自然は四季を通して私たちを楽しませてくれます。

春夏秋冬楽しめる四万温泉の自然ですが、その中でもハイライトと呼べるのは春の新緑と秋の紅葉です。

秋の紅葉の時期の四万温泉は夏休みの8月と並んでとても人気のある旅行シーズンです。

紅葉は、初秋によく晴れて、昼と夜の温度差が大きいと綺麗になると言われています。

私たちの住む群馬県北部は、標高が高いため、そのような条件にぴったりで、各地に紅葉の名所があります。

谷川岳の天神平、吾妻渓谷、妙義山、丸沼高原、芳ヶ平、草津白根山、万座温泉、赤城山、榛名山など数えだしたらきりがありません。

そして、四万温泉。

四万ブルーと紅葉
四万ブルーと紅葉

続きを読む

嵩山(たけやま)


こんにちは、Kenです(*´ω`)

今日の休憩中も走りに!(っ・ω・)っ

四万温泉から国道353号を中之条へ下る途中、メロディーラインの終わり付近を左折。伊参というエリアを通り、五反田エリアへ。

そこに聳え立つ嵩山は、789メートルの山です。

麓には道の駅霊山たけやま

芸術の祭典、中之条ビエンナーレが開催されている時は、作品が並ぶ会場にもなります。

実はまだ登ったことはなかった嵩山。

入り口は、表登山道と東登山道の二か所。今回は表登山道から入り東登山道へと抜けます。

嵩山三十三番観世音といって、登山口の一番を初めに、山内に三十三の石仏が点在しています。

今回は石仏は置いといて、西の峰「小天狗」、中の峰「中天狗」、東の峰「大天狗」を通過し下りることにしました。

表登山口から上り、初めの展望台

途中にはなかなか大変な鎖場もあります。

今日はサンダルをやめ、久しぶりに靴だったので快適でした( ˘ω˘ )

途中に「胎内くぐり」という狭い岩場があり、その先に十一~十三番観音があるそうな。

写真中央やや右の岩の隙間を通って行きます。ザックを背負ったままだと通れませんでした(;゚Д゚)セマイ

一番狭くて22センチ!腰回り約85センチが限度だそうです!(通れない方、そんな所通りたくない方には回り道があります笑)

後が急斜面で怖いですが、胎内くぐりでもパシャリ。

実城の平という所には、何十体もの石仏がズラリ(; ・`д・´)

最後の大天狗(嵩山山頂)へは、これまたしんどい鎖場!

雨でも降ったりしていなければ、それほど危なくなさそうでしたが、十分気をつけて上りましょう。

山頂からの景色の写真はありません!ご自身の目でどうぞ(∩´∀`)∩

あまり石仏巡りをせずに走って行けば40分程度。

三十三全て周ると、距離が倍ぐらいになりそうです( ゚Д゚)

ちょっと見づらいですが、二十八~三十三がメインのルートから結構離れたところにあります。お時間のある方はどうぞ!

Ken

甌穴


こんにちは!かねっしーです

少しずつ暑さが和らいできた四万温泉ですが、まだまだ水辺は気持ち良いですね!

ついこの間も、甌穴に行ってきました!

 

初めて甌穴で魚を発見!

 

なんのお魚でしょうか・・・結構たくさんいました。

四万温泉に行く途中の道沿いにあり、行き帰りで気軽に寄りやすい場所ですので

ぜひ四万温泉にお越しの際はお立ち寄りください。

(かねっしー)

四万の甌穴(おうけつ)群とは?四万温泉で必ず立ち寄りたい見どころスポット


夏の甌穴

四万の甌穴(おうけつ)群は、四万川にある名所で四万温泉の入り口の秋鹿エリアにある群馬県の天然記念物です。

四万温泉の自慢四万ブルーや四季折々に変化する風景が楽しめます。
四万温泉に訪れる際は、奥四万湖桐の木平商店街などとともに必ず立ち寄るべき見どころスポットです。

四万の甌穴に行くには?
中之条方面から見た駐車場入り口

四万の甌穴は、四万温泉の入り口の秋鹿地区にあります。
クルマでしたら無料駐車場がありますのでそこにお停めいただくことができます。
目印は道路の上に表示されている気温計です。
公共交通機関の場合は、関越交通の中之条駅-四万温泉の路線バスでバス停「四万甌穴前」で降りてください。目の前が甌穴です。
四万温泉街から徒歩や自転車でしたら、四万温泉柏屋旅館からおよそ1.5km、四万温泉協会などがある温泉街中心部からでしたらおよそ3kmです。片道歩いて片道路線バスでもいいかもしれません。

続きを読む

猛暑日



こんにちは、Kenです(*´ω`)

前回の摩耶の滝に続き、小倉の滝へも行ってきました!

この日は、四万も35度程まで上がったのではないかと思われる猛暑日…(~_~;)

しっかりと水分を補給し、人で賑わう温泉街を12時に出発。

いざ小倉の滝遊歩道入り口まで来てみると、まだ「熊出没につき閉鎖」の看板が立っていました。ですが、四万温泉協会によると閉鎖は解除されているそうです。

熊鈴やラジオ、音楽をかけたりして存在を知らせ、気をつけて楽しみましょう。

小倉の滝への道中は、涼しげなポイントがたくさん!

前半の道は大きめの砂利がゴロゴロしていて、少々歩きにくい箇所も。

当然、私のぺらっぺらのワラーチ(手作りのラン用サンダル)では足裏が痛くてなかなかスピードが出せません(;´Д`)

川沿いの木陰は少しひんやり。歩いても走っても気持ち良いです。

この日が熱すぎただけかもしれませんが、滝のそばでの涼しさレベルは摩耶の滝の方が高かったような( ˘ω˘ )

またしてもヤマビルは見当たらず。私が汗っかきで全身汗だくなので、塩分が苦手な彼らに避けられているのでしょうか?

遊歩道では二組とすれ違い。皆さん自然を楽しんでいました。

温泉街からスタートし、滝までの往復。1時間でした!

自然の中で、夏を満喫しましょう(∩´∀`)∩

Ken

夏本番



こんにちは、Kenです(*´ω`)

梅雨も明け、うだるような暑さが続きますが、夏を満喫しましょう!

6、7月と四万内で熊の目撃情報が多発したため、摩耶の滝・小倉の滝への遊歩道が閉鎖されていましたが、どうやら解除された模様。摩耶の滝へ走ってきました。

注意書きとコーンはまだそこにあるものの、脇へよけられています。

遊歩道の入り口脇には「ヤマビル出没注意」の注意書き。高濃度塩水スプレーが置いてあるので、足元などに噴射しましょう。

実は私もまだヤマビルをしっかり見たことがなかったので、よく知らない方のためにも、足にでも乗せて写真を撮ってみようと思っていたのですが、入口・滝への道中・滝周辺にも見当たりませんでした…(;´・ω・)

もう昼間の四万はどこも暑いですが、木陰の川や滝のそばは涼しげです。10月頃まではヤマビルに注意しながら、ゆっくりお散歩をお楽しみください( ˘ω˘ )

滝の前まで行くととても涼しいです!柏屋旅館から遊歩道入り口までは約4キロ、徒歩で1時間程度。さらに滝までは30分程度でしょうか?お時間のある方は是非!

帰りがけに大泉の滝のそばを走っていると、川の方からホイッスルの音が。

キャニオニングかな?ちょっとわかりにくいですが、写真中央上部やや右に、ヘルメットと黄色いライフジャケットをつけた人が確認できるでしょうか?

仰向けに寝転がり、頭側から小さな滝のようになっている所へ流れていきました(´っ・ω・)っ気持ちよさそうです!

夏の四万はウォーターアクティビティも充実しています。気をつけて夏を楽しみましょう(´▽`)

Ken

奥四万湖、夏の水位



こんにちは、Kenです(*´ω`)

四万川ダムから望む日向見公園

緑は生い茂っていますが、本格的な夏はまだ来ず…(´・ω・`)

この日の奥四万湖は靄のかかる深い青緑。水量は少ないですね。

写真は夕方ですが、朝方、昼間、雨上がりなど、それぞれ違った表情を見せてくれる奥四万湖(・。・)

赤沢橋付近は相変わらず、水量が少なく川のようです。

水量が多いときは沈んでいる部分もすっかり緑に。

毎年5月の頭に話題になる水没林が出現するのはここなのでしょうか?来年をお楽しみに(。-ω-)

Ken

遊歩道が閉鎖されています…



こんにちは、Kenです(*´ω`)

先日の休憩時間、ちょうど雨が上がったのでちょっとジョギングへ!三(っ・ω・)っ

またいつ降り出すかわからないので、いつもの奥四万湖一周をやめて半分の5kmコースへ。

摩耶の滝への入口を通ると…

まだ摩耶の滝・小倉の滝遊歩道が閉鎖中。6月中に四万内で熊の目撃情報が多発したため閉鎖されたのでした。

まぁこの時期はヤマビルもウヨウヨしてることですし、行かないほうがいいかもしれませんが、ちょっと残念ですね(つД`)

周辺の滝巡りは、桃太郎の滝、小泉の滝、大泉の滝(お車の方は、しゃくなげの滝も!)でお楽しみ下さい!

Ken

四万温泉でホタルは見られますか?



2020-6-29 箱島のホタル

この時期になると、四万温泉でホタルは見られますか? とお問合せをいただくことがございます。
水のキレイな四万温泉、きっとたくさんのホタルが、と思いがちですが、残念なことに四万温泉内ではホタルを見ることができません。
水が冷たすぎたり、澄みすぎているのかもしれません。

でも、クルマで30分くらいの、東吾妻町箱島の「ホタルの里」で蛍を楽しむことができます。

ご夕食を18時頃スタートし、19:30に柏屋旅館を出れば、ちょうどいい時間帯でほたるを楽しめます。

夕食後、ちょっと足を延ばし、幻想的な風景をお楽しみ下さい。

箱島のホタル、四万温泉
箱島のホタル 2014-7-2

このほか、四万温泉からクルマで1時間弱のところにある、上毛高原駅近くの「月夜野 ホタルの里」でもほぼ同じ時期に蛍を鑑賞することができます。

そのほか、中之条町にも数カ所ホタルが見られるところがあるようですので、確認できたらお伝えしますね。

幻想的なホタルで夏の夜をお楽しみください。

大泉の滝



こんにちは!かねっしーです

先日、野鳥を探しに奥四万湖周辺へ出かけました。

その途中で、『大泉の滝』付近を通り、

今まで下りたことがなかった、滝近くまで降りれる階段下まで行ってみました。

降り口には道路脇に看板があります

滝の近くに行くと、全身に細かいミストを浴びているような感覚でひんやりと涼しく気持ちがよかったです!

川のきれいな青色や新緑の緑色、勢いのある水の音など、マイナスイオンたっぷりで、リフレッシュできる素敵な場所でした(*’▽’)

みなさまもぜひお出かけください!!

(かねっしー)

桐の木平河川敷駐車場ライン引き



こんにちは!かねっしーです

先日、16日に四万温泉の温泉街の中心にある桐の木平駐車場の

ライン引き作業のお手伝いを、スタッフharadaと一緒に行ってきました。

ペンキ、ローラー、定規の3点セットで

駐車場の線が薄くなってしまっていたところを全部塗りなおしていきます。

 

軽自動車の文字や

駐車禁止のラインも引きました。

haradaもどんどん塗るスピードや正確さが上達していき、最後のほうは、ほとんどフリーハンドで塗っていました(;゚Д゚)

今まで駐車スペースだったところを少し削って、バイクの駐車スペースにした箇所もあるので、今までより、車同士もすれ違いやすくなったと思います。

終わってみるとはっきりとラインが見えて、とても気持ちよかったです!!

(かねっしー)

 

 

私の写真が1枚もありませんが、決してサボっていませんので(;’∀’)

 

中之条ガーデンズ



こんにちは、Kenです(*´ω`)

コロナの影響で休園していた中之条ガーデンズが再開したので行ってきました!

中之条ガーデンズは、約2年前に花の駅美野原から名称変更した広大な庭園です。

広大な敷地に花や緑が溢れる庭園。晴れた日の、色とりどりの草花達に癒されながらのお散歩にはもってこいです。

まだ整備中の箇所もありましたが、開放されている部分だけでも十分楽しめます。おまけに入園無料!9:00~17:00(入園は16:30まで)

お車で四万温泉へお越しの方は、行き帰りにふらっと立ち寄れます(。-`ω-)

電車・バスでお越しの方も、中之条駅から四万温泉行きバスの、中之条ガーデンズ乗り入れ運行が再開されたのでご安心を!

ただ、行き3本帰り2本なので、だいぶスケジュールが限定されます。上の「中之条ガーデンズ乗り入れ運行」の文字に時刻表のリンクを貼りましたのでご参照ください。

四万温泉にお越しの際に寄られる方は、12:55中之条駅発→13:07中之条ガーデンズ着。15:12中之条ガーデンズ発→15:36清流の湯入り口(当館最寄り)着が良さそうです!

お帰りの際に寄られる方は、10:15清流の湯発→10:38中之条ガーデンズ着か、14:43清流の湯発→15:06中之条ガーデンズ着の2本です。1本目で中之条ガーデンズへ、2本目で中之条駅へ向かうとなると滞在時間が4時間になってしまうので、どちらにしてもタクシーか徒歩になってしまうかもしれません。(ちなみに中之条ガーデンズ~中之条駅間は5kmです(; ・`д・´))

チャンスがあればお立ち寄りください( ˘ω˘ )

Ken

最近(2020/5)撮った四万ブルー!


今の四万温泉は、新緑と四万ブルーが最高にきれいな時期です。
ですから、毎年変わらぬ風景なのですが、何故か写真をたくさん撮ってしまいます!
ということで、新緑&四万ブルー2020年版をお楽しみください。

四万川(山口地区)
桃太郎の滝入り口