カテゴリー別アーカイブ: 四万温泉や群馬県のこと

閉鎖解除!


こんにちは、Kenです(*´ω`)

本日3月27日10時より、奥四万湖周遊道路の冬季閉鎖が解除されます!

4月1日~6月30日の群馬DCの開催により、奥四万湖周遊バスの運行があったり、期間中の土日は一般車両が通行止めになる模様。

今年の春~初夏の四万温泉・奥四万湖は賑やかになりそうです( ˘ω˘ )

冬季閉鎖中、奥四万湖が静かだった分、野生動物がみつかりやすいかも!?

静かなうちに行ってみてはいかがでしょうか!

Ken

奥四万湖 神秘的なブルーの湖面やカヌーが楽しめる四万温泉の名所


奥四万湖の四万ブルー

奥四万湖(おくしまこ)は、

その名の通り四万温泉の一番奥にある、四万川を堰き止めた四万川ダムによるダム湖です。
四万ブルーと呼ばれる神秘的な湖面の色が特徴で、四万温泉にお越しでしたら外せない立ち寄りスポットです。
透明感溢れる四万川の水を讃えた湖なのでその透明度も抜群で、日本有数の透明度を記録したこともあります。
四万温泉を紹介するテレビ番組やCM、ポスターなどはもちろん、Instagramにもたくさんの奥四万湖と四万ブルーがアップされています。

ダム堤から、真っ青な湖面を眺めていただくだけでも訪れる価値ありですが、せっかくですので、ゆっくり時間をかけて楽しんでください。

湖畔はぐるっと一周することができます。
車でも周遊できます(冬季は車での一周はできません)が、周囲は4kmですので、ゆっくりお散歩でも1時間ほど、レンタル自転車で楽しむのもいいいですね。
写真好きの方でしたら、春夏秋冬それぞれに魅力的なフォトスポットがたくさんあります。
とくに人気が高いのは新緑の時期で、この時期しか現れない浮島がたくさんのフォトグラファーを引き付けています。

新緑の時期に現れる「浮島」
新緑の時期に現れる「浮島」

冬の時期も透明度が増すので綺麗です!

冬の奥四万湖
冬の奥四万湖

野生動物にも出会えます。

奥四万湖畔で出会ったカモシカ
奥四万湖畔で出会ったカモシカ

奥四万湖は新潟県境の上信越道高原国立公園内にあり、周囲にはダムの管理棟とダム資料館(ラトリエブルー)以外の建物はないので、カモシカ、サル、野鳥、リス、ムササビなど野生動物にもたくさん出会うことできます。
(冬眠時期以外ではクマの目撃情報もあるのでご注意ください)

そして湖面では、カヌーやSUP(スタンドアップパドル)も楽しめます。
透明感抜群の湖面に漕ぎ出すと、まるで宙に浮いているような浮遊感覚を楽しめます。
湖面でのウォーターアクティビティを楽しむのは、グリーンディスカバリーさんなどが主催するカヌーツアーに参加するのが基本ですが、ご自身でカヌーやボートをお持ちの方は、あらかじめダム管理事務所に連絡しておけば乗り出すことも可能なようです。

「魚もたくさんいそうですね、どんな魚がいますか?」とお客さまに質問いただくことも多いのですが、湖水はやや酸性が強いので残念ながら魚は棲まず、釣りを楽しむことはできません。
でも、奥四万湖のさらに上流では岩魚などが棲む支流もあります。

周りは何もないので、夜は真っ暗!
その分、星もきれいです。

奥四万湖の星空
奥四万湖の星空
なぜこんなに青いのか?

湖面の四万ブルーは、季節や太陽光の加減、時間帯などによってその青さが微妙に変わります。
もっとも青い時期は、3月から5月の雪解け水が流れ込む時期です。
よく晴れた日の10時から14時頃までがおすすめの時間帯です。

四万ブルーがなぜこんなに青いのか諸説があるようですが、岩崎らの論文によると、湖水中に含まれる直径約40nmアロフェン粒子に太陽光の光があたることによりレイリー散乱が生じ,青色になっているそうです。 わかったようなわからないような・・・(笑

奥四万湖へのアクセス

奥四万湖は四万温泉の一番奥にあります。
車でしたら、国道353号線をひたすら北上して行き止まりが奥四万湖ですのでわかりやすいと思います。無料の駐車場もございます。

残念ながら奥四万湖までの公共交通機関はございません。
また、2020年4月現在四万温泉内で発着するタクシーも呼べませんので、公共交通機関でお越しの方は、徒歩またはレンタル自転車での移動です。
四万温泉のバスの終着から、落合通り、ゆずりは、日向見を抜けておよそ2.5kmですので、徒歩で40分くらいです。
レンタサイクルは私たち柏屋旅館(宿泊者は無料で)にもございますし、有料ですが四万温泉協会とレンタ四万の駅で電動アシスト自転車も借りることができます。

日向見薬師から奥四万湖へ自転車で行った時の動画もどうぞ。

四万川ダムとは

四万川ダム・奥四万湖は1999年に完成した洪水調節、発電、利水などが目的の群馬県営の多目的ダムです。

1999年、完成時の試験放流
1999年、完成時の試験放流

ダムは高さ89.5mの重力式コンクリートダムで、景観に配慮いただいたのか、石垣風に装飾されています。
ダムのてっぺんの標高は約770m、四万温泉街が650m前後ですので、それより100m以上高い位置にあります。ですから、温泉街よりやや寒く雪の量も多いようです。
四万川ダムの管理棟(基本平日のみ)では、ダムカードをもらうこともできますので、ダムマニアのかたはぜひどうぞ!
ダムについてさらに知りたい方は群馬県のページをご覧くださいませ。

奥四万湖ギャラリー

最後に奥四万湖ギャラリーをお楽しみください。

四万温泉柏屋旅館

甌穴


こんにちは!かねっしーです

つい先日、天気がとても良く暖かい日に甌穴に行ってきました。

見ての通り透き通った川の青色が最高に綺麗でした。

甌穴は川の近くまで降りれることができて、いろいろな場所、角度から写真を撮ることができますので、ぜひ自分好みの素敵な1枚を持ち帰ってくださいね!

 

 

 

今回は笑顔の社長の1枚でお別れです!

 

 

(*’▽’)あれ?なんかいつもよりこう・・・小さい気が??

(かねっしー)

 

 

群馬デスティネーションキャンペーン


こんにちは、Kenです(*´ω`)

来る4月1日より開幕となる、群馬DC(群馬デスティネーションキャンペーン)

4月1日~6月30日の3ヶ月に渡る、大型観光キャンペーンです。

県内各地で様々なイベントが行われるようですが、我らが四万温泉では…

・四万温泉の入り口に位置する共同浴場、四万清流の湯から奥四万湖までの循環バスの運行。

・奥四万湖周遊バスの運行。

・四万川ダムエレベーターの運行。

などなど、これまで公共交通機関でお越しで、奥四万湖や四万川ダムへはちょっと遠くて行けていない…という方にもチャンス到来です!

この機会に、桜や新緑と一緒に四万ブルーをゆるりと堪能してください(∩´∀`)∩

 

四万川ダムのエレベーターは、昨年秋に5日間限定で特別開放されました。

スタッフかねっしーが乗ってきた時の様子をブログにアップしていましたね。その時のブログ記事は下記リンクより↓

エレベーター

今回は期間中毎日、10~15時まで無料開放だそうです!

四万川ダムのふもとにある、日向見公園からの急坂を駆け上がって見る奥四万湖とダムもいいですが、特別に開放される管理用エレベーターで一気に上がるのも貴重な体験ですね(。-`ω-)

私個人としては、エレベーターより階段を開放して欲しかった…(つД`)

関係者の方…偶然このブログ見ていませんかー…?

階段駆け上がりたいなぁー…。

私はいつまでも待ってますよー…。

 

…。

 

…。

 

待ってますから!(笑)

三(っ・ω・)っ

Ken

山口、日向見、四万温泉の発祥はどっち??


四万温泉・山口地区

四万温泉・日向見薬師堂

古くから開けている他の温泉地と同様、四万温泉の開湯についても、様々な説がありはっきりしていないようです。
ただ、色々な文献によれば、山口地区か日向見地区のどちらかが四万温泉発祥の地である可能性が高いようです。

昭和52年に編纂された四万温泉史にも、諸説が書かれています。
それらのうちのいくつかを紹介すると

  1. 延暦年間(782年から806年)に征夷大将軍として蝦夷征伐に来た坂上田村麻呂が、この地に泊まったのがはじまりという伝説。
  2. 日向見の湯は、大江山の酒呑童子(酒顛童子)を退治したことで有名な源頼光の家臣の碓氷日向守貞光(954?-1021?)の念願により永延3年(989年)湧き出した。
  3. 岩櫃城主齊藤氏に仕えていた田村甚五郎が永禄6年(1563年)に山口に住み温泉とのつながりを持つようになった。

そのほかの四万温泉史のなかに書いてある文献を見ても、私にはどれが正解かよくわかりませんでしたが、その昔は日向見を経由して木の根宿、三坂峠を越えて新潟に至る古道があったので日向見で最初に湯が発見され、湯宿としては山口地区が始まりなのではないか、と感じました。

四万温泉史は柏屋旅館の湯上りライブラリに置いてありますので興味のある方はぜひ読んでみてください。

いちばん古い伝説からだと1200年もの長〜い歴史を誇る四万温泉でごゆっくりお過ごしくださいませ。

新しい日課


こんにちは、Kenです(*´ω`)

およそ二ヶ月後に迫るUTMFに向けて、日々トレーニングを重ねています。

まだまだ体が鈍っている感がありますが、本番に照準を合わせコツコツ積み上げて行きます!

最近はもっぱら水晶山を走ってます…と言っても急な登りは走り続けられませんが(;゚Д゚)

月見橋側の登山口から上り、稲裹神社側の登山口に下ります。

緑印~赤印まで約2.5km

スタート地点の標高が約735m。水晶山山頂を過ぎ、頂上の標高が約990m。約250mを駆け上がります。

雪が積もっていた時のタイムは、迷った時間も含め約45分。

今回の、雪のない水晶山は約27分。

ちょっと負荷が足りないので、8kgの重りを背負って走ったところ約30分。

しばらくは8kgの重りとともに走ろうと思います(。-`ω-)

仕事のシフトにもよるので毎日とはいきませんが、できる限り「一日一水晶山」を続けていきたいと思います!

ちなみに柏屋旅館から月見橋側の登山口までは徒歩約30分。

赤い印が月見橋側の登山口

稲裹神社側の登山口から柏屋旅館までは約35分。

赤印が稲裹神社側登山口

標準の体力の方で、2時間~2時間半もあれば旅館から行って帰って来れそうです。

「クマに注意」の看板があるので、念のため熊鈴を持って、音を立てながら登山しましょう!旅館でも貸し出し中!

私はスマホで大音量で音楽を流しながら、熊鈴をつけて走ってます(´・ω・`)

ゆったり過ごしすぎるのもなぁ…という方は是非!

Ken

岩櫃山


こんにちは、Kenです(*´ω`)

先日、初めて岩櫃山に登ってきました。

岩櫃山は中之条町の隣、東吾妻町にある標高802メートルの山です。

一本松登山口(原町駅側)から山頂を経由して、反対側の赤岩登山口(郷原駅側)まで下りて、ぐるっと一周しようとしたのですが…。

前日に雪が降ったのでこの通り( ゚Д゚)

とりあえず行けるところまで行ってみることにしました!

さほど積もってはいなかったので、岩場や鎖場以外はなんてことない登山道。

 

一本松登山口から山頂まではわずか1.4キロほど。

ただ途中には鎖場があり、トレイルラン用シューズでは少々危ない箇所も。

山頂への鎖場

さすがにここはつるっつるだったので、登頂は諦めました(ノД`)

これくらいなら問題ないんですけどねぇ…。

山頂はスルーして郷原側の登山口経由で帰ろうと思ったのですが、途中に山頂への鎖場と同等の下りの鎖場がっ(; ・`д・´)

こちらも諦めて来た道を引き返します。

山頂までの登山道わきで見かけた岩場
巨大な倒木(大きさが伝わらない…)

山頂のちょっと先までの往復で1時間弱でした。

次回はもっと長いコースの山へ行ってきまーす!

四万~稲包山か、四万~赤沢山~法師温泉を計画中(。-`ω-)

Ken

摩耶姫まつり(2020)開催します、公式萌えキャラ摩耶姫ちゃんやつるし雛


摩耶姫祭

摩耶姫祭り、四万温泉柏屋旅館

四万温泉では毎年2月中旬から3月中旬頃まで、温泉街の商店やお宿で、自慢の吊るしびなや雛飾りを飾って、温泉街散策の途中に立ち寄れるイベント「摩耶姫まつり」が開催されます。

ことし(2020年)は、令和2年2月15日(土)〜3月15日(日)までです。

四万温泉には古くから伝わる縁結びの「摩耶姫伝説」があります。

四万温泉は以前のブログでも紹介したようにたくさんの滝があります。 その中でも勇壮で見ごたえのある、摩耶の滝を舞台にしたのが摩耶姫伝説です。

縁結びの「摩耶姫伝説」の残る四万温泉

そして、この摩耶姫伝説と雛祭りを合わせ、女の子の健やかな成長を願うとともに、お越しいただいたお客さまに温泉街を散策しながら、つるし雛や雛人形を楽しんでいただこうというイベントが四万温泉の摩耶姫祭りです。 続きを読む

おすすめドライブマップ2020年版


高崎観音

四万温泉周辺は楽しいドライブコースがたくさんあります。

私たちも、休みの日には渋滞しらずの快適なドライブを楽しんでいます。
そんな私たちがおすすめするドライブマップの2020年版です。

せっかくのおやすみ、四万温泉だけでなく周辺もまわってみませんか?
車やバイクでお越しの際の参考にして、四万温泉への旅行をより楽しくお過ごし下さい!

  1. 四万温泉-軽井沢
  2. 四万温泉-志賀草津高原ルート
  3. 四万温泉-榛名山経由渋川伊香保IC
  4. 日本ロマンチック街道
  5. 四万温泉-赤城山
  6. 四万温泉-こんにゃくパーク、群馬サファリ、世界遺産・富岡製糸場
  7. 四万温泉-野反湖
  8. オフロード
四万温泉-軽井沢
軽井沢
浅間山を一望
軽井沢プリンスショッピングセンター
軽井沢プリンスショッピングセンター

続きを読む

四万川ダム


こんにちは、Kenです(*´ω`)

四万温泉の奥、柏屋旅館から4kmほどの所に位置する四万川ダム。

ダムの両端には、誰が見ても駆け上がりたくてワクワクがとまらなくなる階段がそびえ立っています(笑)

ダムに正対して右奥側の階段

この階段は立ち入り禁止なのですが、近くを走るたびに「この階段が開放されていれば、どれだけトレーニングが捗ることか…(´・ω・`)」と嘆いています。

左端の階段は、奥四万湖に行く際に横を通るため何度も目にしていたのですが、右側の階段付近はよく見たことがありませんでした。

ダムのふもと、日向見公園の駐車場の奥へ進んでみると、川辺まで下りられる道があることが発覚(; ・`д・´)

し、知らなかった…。放水している時はきっと危ないので注意しましょう!

そしてその先には、ちょっとした階段が!!

長い階段ではありませんが、ランニングついでに寄ってトレーニングもいいかもしれません。(。-`ω-)シメシメ

ほら、この階段を下から駆け上がるのを考えると武者震いがしませんか!

ダムに正対して左側の階段を見下ろして

もう2ヶ月半ほどしかありませんが、UTMFに向けて階段の開放を切に願っています…

Ken

四万温泉のお土産におすすめの逸品は? 旅の余韻をたっぷり楽しんでください


お土産は何がいい?
せっかくの温泉旅行、帰った後も余韻を楽しみたいですね。
そこで、今日は四万温泉や柏屋旅館、柏屋カフェにお越しただいたあとに余韻に浸れるお土産を特集しました。

お客さま 「四万温泉のお土産って何がありますか?」
地元の人 「何にもねぇよ」
お客さま 「!!」

いやいや、そんなことはございません、ぜひ、お気に入りの逸品をお求めください。

定番編
地酒編
温泉編
柏屋旅館編
柏屋カフェ編

定番編

温泉旅行のお土産の定番と言えば、温泉まんじゅうやお菓子ですね。
四万温泉の中には「楓月堂」さんと「高田屋」さんの2軒が温泉まんじゅうを製造販売しています。あんこの味がそれぞれ異なっていますので、まずは、1個づつ買って味見してお好みの方をお買い求めになるのも楽しいかもしれませんね。
この2軒はそれぞれ、オリジナルの和菓子も作っています。
「楓月堂」さんは四万温泉開湯の伝説に因んだ和菓子「夢まくら」、「高田屋」さんはこの地方特産の花豆(ベニバナインゲン)をじっくり炊いて甘納豆にした「おいらんふろう濡甘納豆」です。

夢まくら(楓月堂)
夢まくら(楓月堂)
高田屋はこの人形が目印
高田屋はこの人形が目印

続きを読む

土合駅は日本一の「もぐら駅」、まるで地下の秘密基地!


土合駅の駅舎、谷川連峰の麓です

四万温泉のとなり町、みなかみ町を走る、JR上越線には日本一の「もぐら駅」と呼ばれる土合駅(どあいえき)があります。
谷川岳の麓にある新潟県境の駅で、その昔は谷川岳を目指す登山客で賑わったそうです。
いまは、残念ながら無人駅となってしましましたが、何がモグラなのか見に行ってきました。

駅の入り口にも自慢げに「もぐら駅」の表示があります。
そのまま進むと、右は東京方面の上り線、左は新潟方面の下り線の看板があり、特に変わったことはないようです。
もぐら駅は新潟方面の下り線のようなので、左に進んでみました。

手作り看板
無人駅ですが立派な案内看板が

左に進むと、駅舎から道と湯檜曽川を超える長い連絡橋を通ることになります。
すでに、秘密基地の雰囲気が漂ってきました。

道と川を渡る連絡橋
中はこんな通路になっています

続きを読む

蕎麦、うどん、パスタ、ラーメン、 群馬の麺事情?


私が子供の頃、食卓にはうどんが上ることがとても多かったような記憶があります。
また、学生の頃には、激辛上州ラーメンや高崎周辺のパスタ屋が人気のランチスポットでした。

そして群馬県には、日本三代うどんの水沢うどんを始め、桐生のひもかわうどん、福田赳夫首相の大好物だったおきりこみ、館林うどん、などなどいろんなうどんが目白押しです。

そんなことで、私たち群馬県民は、麺類が大好きなのかなぁと、肌感覚で思っていたので、調べてみました。
すると、群馬県民のうどん・そば消費量は、うどん県香川や稲庭うどんを擁する秋田県などに続き、全国第4位だということがわかりました。
また、人口10万人あたりのうどん店の数は全国2位、蕎麦屋は5位。
数字の上でも麺類大好き県民が裏付けられました。(出典:総務省の家計調査やタウンページを元にしたとするweb)
ということで、群馬の麺事情を調べてみました。

四万温泉

もちろん、四万温泉内にもランチにおすすめの麺類のお店がたくさんあります。

柏屋カフェのイタリアンラーメンは、麺はパスタで魚介の旨味が詰まったエスニック味のスープパスタ。病みつきなる人も多いようです。

イタリアンラーメン
イタリアンラーメン

続きを読む

四万温泉の雪 2020、朝の雪景色をどうぞ!


柏屋旅館からの眺め
四万温泉の雪、今シーズンは12月からずっと少なかったのですが、年末から少しずつ何度か降り積もり、冬の四万温泉らしい風情になってきました。
そこで、先日の雪の朝に少し早起きして四万温泉の雪景色を撮ってきました。
晴れた朝は、本当に綺麗です!
皆さんも、雪景色を楽しみに冬の四万温泉にぜひお越しください。
温泉街-月見橋

奥四万湖
奥四万湖

朝焼けの日向見地区
朝焼けの日向見地区

大泉の滝

日向見薬師堂

四万の甌穴

温泉街-新湯

四万温泉の雪は、例年12月下旬から3月上旬まで楽しめます。
最新の雪情報は、ライブカメラもご活用ください!


四万温泉の雪

こんにちは!かねっしーです

1/5 朝起きて外へ出ると一面真っ白で、今季一番の雪が降り積もりました。

道路も溶けているように見えて凍っている箇所が多く、ブレーキがきかないこともありますので、運転の際は十分お気を付けください。

(かねっしー)