トミーの献立帖


第47回目は、

煮 物「とうがんひすい煮」です。

とうがんは夏にうまい野菜の一つです。夏は色も涼しげに、ひすい色に煮上げるの

が喜ばれます。

とうがんは四角に切り、皮を薄くとり、青いところにこまかく包丁を入れてやりま

す。下はやわらかいので、深く入れる必要はありません。

包丁目に重曹をもみこみ、塩を入れた熱湯でゆで、氷水に落として重曹を洗いま

す。鴨はそぎ切りにして本葛をまぶします。にんじんはかつらむきにして横に打

ち、さっと霜降りします。とうがんにだし汁、酒、塩、砂糖入れて八分どおり煮ま

す。鴨は手前に入れ、上りに薄口しょうゆ、みりんを入れます。最後ににんじんを

入れて、あたためる程度に煮ます。

(トミー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA