トミーの献立帖


第12回目は、
秋煮物『秋鮭博多煮』です。

料理手順
秋鮭は三枚におろして上身をへぎ、薄塩を当てて30分おく。
白菜は、厚くなっている部分をへぎ、一枚ずつ色出しし、八方地につけて含ませる。
流し缶に水気をふいた白菜、鮭の順に重ねて並べ、つなぎに擂り身を塗り、博多にして20分ほど蒸し上げる。
大徳寺麩は油抜きし、濃口醤油、砂糖、味醂で味を調える。
絹さやは針打ちして含ませる。
柚子はいちょうの型で抜き、白い部分を取ってボイルする。
秋鮭博多煮を切りだし、小口を見せて器に盛り、麩と絹さやを添えていちょう柚子を天盛りにする。
(トミー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA