ふきのとう


ふきのとう

ふきのとうは蕗の花茎で雪解けを待ちかねたように、日溜まりの土の中から小さく顔をのぞかせます

花茎が伸びる前の花をまだ柔らかいうちに根ぎわから採取します

食用や観賞用の他に、昔から薬用としても利用されてきました

蕗は日本独自の野菜で、栽培の歴史は古く、10世紀以前から始まったといわれています すごい歴史ある食べ物ですね (テツ)

ふきのとう」への2件のフィードバック

  1. 最近はふきのとうも栽培されて店頭に並ぶようですね。
    柏屋では当然、イノシシと競争で料理長が命懸けで摘んでこられるのでしょう。
    気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です