タグ別アーカイブ: 水晶山

石尊山・高田山


こんにちは、Kenです(*´ω`)

最近は水晶山でのトレーニングにも体が慣れてきて、8キロの重りをザックに詰めて登ったり、月見橋側から登って稲包神社側へ下り、そのまま来た道を引き返し月見橋側へ下りたりとバリエーションが増えてきました(。-`ω-)

稲包神社側から登った先で見下ろす四万川ダム

もっと上から見下ろす場所もあるのですが、枝が邪魔でうまく撮れなかったので、次回ちょっと道を外れて撮ってこようかなー。(こっちもうまく撮れていないですが…)

稲包神社側から水晶山への小藪漕ぎ

バリエーションを増やしてはみましたが、水晶山だけではなんだか飽きてきたので今日は別の山へ!

四万温泉へ来たことがある方なら、国道353号を中之条から上がってくる途中の左側に「石尊山・高田山」という看板を見た記憶がある方もいるのではないでしょうか?ちょっと気にはなっていたものの「きっと低くて獲得標高も稼げないであろう」と敬遠していたのですが…。

何気なく高田山を調べてみると、標高1212メートル!!!水晶山の900メートルより高かったのか!!!(; ・`д・´)

急いで山行記録を調べると、情報は少ないですが駒岩バス停~山頂の往復で3時間ちょっとで歩ける模様。ということはトレランスタイルで1時間半はかからないはず!と思い出動!三(っ・ω・)っ

現在時刻は10時。寮から登山口入り口まで車で8分、山頂の往復にかかっても1時間半、帰宅に8分。シャワーを浴びて、お昼を食べて、出勤は12時半…ギリギリ行けるっ!!!

登山者用の駐車場として、駒岩公民館の駐車スペースを利用できます。

この登山道入口の表示から、住宅の間を縫うように進むと登山道があります。

急いでいるので、途中での撮影はほぼカット。

こんな急登があったり、登山道の半ばには1~2週間前には真っ赤に輝いていたであろう落ち葉の絨毯が敷き詰められていました。ここは10月下旬~11月上旬に来れば素晴らしい紅葉を拝めるはず!

高田山の山頂前に石尊山を通過します。結果から言うと、ここからの景色の方が高田山山頂よりだいぶいいです(´ー`)

石尊山山頂より

石尊山を通過し、割と急な痩せ尾根を3~4回下りたり登ったりして高田山の山頂を踏みます。

山頂は広めですが、木々が周囲を囲っていて景観はイマイチ。

この「唐繰原へ」という道標を見て、後で調べて知るのですが…。柏屋旅館を左に出てすぐ右側の四万大橋を渡った先に、沢渡温泉へ抜けられる林道があるのですが、どうやらその途中のわらび峠というところへ下る道があるようなのです!

さらに調べてみると、過去に(スタッフ?社長?が)これらを紹介している記事を見つけました。

四万温泉で楽しめる3つの林道(オフロード)

高田山 四万温泉からトレイルランニング その2

次回はここで紹介されている、四万大橋~駒岩バス停~石尊山~高田山~わらび峠~四万大橋のルートをなぞって、温泉街から行って帰って来てみます(´∀`)ノシ

水晶山コース(5キロほどで300メートルちょっとの獲得標高)とほとんど変わらない距離で倍近くの獲得標高!その分走れる区間は少ないですが、なかなか良い負荷(;゚Д゚)

ちなみに出勤時間はギリギリでした(;´Д`)

今度は計画的に出発します!笑

Ken

山トレ


こんにちは、Kenです(*´ω`)

今現在、おかげさまで忙しい毎日ですが、来年4月のトレイルレースUTMFにエントリーしてしまったため、時間を見つけて日々トレーニングを積まなくてはなりません(;´Д`)

そしてやはり、舗装路を走るのと山を走るのとではわけが違うので、出来る限り山へ行きたいところなのですが…。

身近な山は、水晶山、稲包山、嵩山、岩櫃山など。

今年2月、初めて岩櫃山へ行ってきましたが、前日に雪が降って足場が悪かったため、登頂を諦めて引き返してきました。

それもあって、先日のお休みの日の早朝、リベンジに行ってきました!

奇岩に覆われる岩櫃山

早朝の澄んだ冷たい空気の中、足場も良いのでサクサクと進んでいきます。

前回つるつるで恐ろしくて登れなかった鎖場↓

それも今回はこの通り↓

一歩間違えると危ない事には変わりないですが、滑らない分だいぶ安全かと。

前回踏むことができなかった山頂からの景色はというと…

紅葉も手伝って素敵な眺めでした(∩´∀`)∩

今回のルートは、一本松登山口→岩櫃山頂→密岩登山口→赤岩登山口→岩櫃城址→一本松登山口。

山頂を過ぎた先には「天狗の架け橋」という切り立った岩場があります。

赤いシューズの先がちょっと画像下部に写り込んでいますが、その一歩先は20数センチ幅の岩。両脇は崖。命の危険を感じるレベルです(;゚Д゚)

万が一を考え、ここを渡るのはやめておきました。ちゃんと迂回路があるので、リスクを負いたくない方はそちらへ。

帰りは岩櫃城址を通過してフィニッシュ。

朝7時からの良い運動でした( ˘ω˘ )

そして今日(11/13)は、出勤前に水晶山へ!

もう寒くなり、さすがにヤマビルもいないので、何も恐れることなく(熊はおそれないと…?)走れます!ちゃんと熊鈴は携行しています(。-`ω-)

水晶山は目と鼻の先にあるし、時間当たりの累積標高はこちらの方が高いので、週3~週5で水晶山登りを始めようと思います!

時間がある日は周回もしてみよう!三(っ・ω・)っ

Ken

新しい日課


こんにちは、Kenです(*´ω`)

およそ二ヶ月後に迫るUTMFに向けて、日々トレーニングを重ねています。

まだまだ体が鈍っている感がありますが、本番に照準を合わせコツコツ積み上げて行きます!

最近はもっぱら水晶山を走ってます…と言っても急な登りは走り続けられませんが(;゚Д゚)

月見橋側の登山口から上り、稲裹神社側の登山口に下ります。

緑印~赤印まで約2.5km

スタート地点の標高が約735m。水晶山山頂を過ぎ、頂上の標高が約990m。約250mを駆け上がります。

雪が積もっていた時のタイムは、迷った時間も含め約45分。

今回の、雪のない水晶山は約27分。

ちょっと負荷が足りないので、8kgの重りを背負って走ったところ約30分。

しばらくは8kgの重りとともに走ろうと思います(。-`ω-)

仕事のシフトにもよるので毎日とはいきませんが、できる限り「一日一水晶山」を続けていきたいと思います!

ちなみに柏屋旅館から月見橋側の登山口までは徒歩約30分。

赤い印が月見橋側の登山口

稲裹神社側の登山口から柏屋旅館までは約35分。

赤印が稲裹神社側登山口

標準の体力の方で、2時間~2時間半もあれば旅館から行って帰って来れそうです。

「クマに注意」の看板があるので、念のため熊鈴を持って、音を立てながら登山しましょう!旅館でも貸し出し中!

私はスマホで大音量で音楽を流しながら、熊鈴をつけて走ってます(´・ω・`)

ゆったり過ごしすぎるのもなぁ…という方は是非!

Ken

水晶山トレイル


こんにちは、Kenです(*´ω`)

4月も半ば、スパトレイル2019まであと2ヶ月少々…。今回はスタッフかねっしーも38キロの部に出場します!果たして調整は進んでいるのでしょうか?(・・;)

そんな私も、ここのところ左足の不調であまり走っておらず、人の心配をしている場合ではない状況。

ちょっとトレイルの勘を取り戻そうと、四万にあるのに身近すぎてまだ登ったことのなかった水晶山へ。

水晶山入口へは、柏屋旅館から温泉街方面に向かい、月見橋を渡らずに直進すると案内板が見えてきます。

続きを読む

水晶山に登ってきました


IMG_8117

先週、いつもお泊まりくださるお客さまが水晶山に登ってこられたとおっしゃってらしたので、私も登ってみました。

まだまだ、新緑は先ですが、葉が落ちている分、周りがよく見えて、また、四万の山の大敵である山ビルもこの時期はいないので、ゆっくり安心して登れました。

水晶山の名の通り、岩肌には小さな水晶を見つけることができます。

DSC01390
▲小さな水晶も

柏屋旅館からならゆっくり歩いて往復3時間くらいです。

IMG_8127
▲クマよけの鐘を鳴らしながら歩こう

続きを読む

水晶山に登ろう


$四万温泉柏屋旅館の仲間たち | 四万温泉柏屋旅館の公式ブログ
四万温泉周辺には、高田山、稲包山など、たくさんの山があります。
そのなかでも、手軽な部類に入る【水晶山】に登ってきました。
登りと下りで別々のルートが楽しめるのも、水晶山のいいところです。
今回は、奥のゆずりは公園(稲包神社)から上り始め、中井八幡に下るルートを使いました。
$四万温泉柏屋旅館の仲間たち | 四万温泉柏屋旅館の公式ブログ
上り口のゆずりは神社、この鳥居をくぐって行きます。
$四万温泉柏屋旅館の仲間たち | 四万温泉柏屋旅館の公式ブログ
四万温泉は野生動物がたくさん、サルやカモシカにも出会えます。
これは、クマよけの鐘、これを鳴らしながら登ります。
$四万温泉柏屋旅館の仲間たち | 四万温泉柏屋旅館の公式ブログ
続きを読む