富士トレイル


こんにちは、Kenです(*´ω`)

長いので、読んでくださる方は心して読んでください。笑

8月21日、仲間にとって、私たちにとってめでたい知らせを耳にしました。

翌日はお休みで、山へ走りに行くことは決めていましたが場所は決めていない状態。そんな折のめでたい知らせに「よしっ、富士山に御来光を拝みに行こう!(・∀・)」と仕事終わりに出かけました!笑

車を走らせること4時間ほど、御殿場ルートの駐車場へ到着。やはりこのシーズン、御来光目当ての登山者が多いため、ルート選択を誤ると渋滞がっ…!ということで一番難易度が高く、混雑度の低い御殿場ルートをチョイス。

御殿場口を出発したのは0時30分頃。

頂上までの目安は7時間半~8時間のようなので、4時間はかからないであろうと登り始めます。

トレイルランのつもりで来たものの、この御殿場ルート、砂利に足がとられてとても走れません(>_<)

走れるところだけ走り、あとはシャカシャカ歩いて頂上を目指します。

途中から降ってきた雨。霧雨になったり本降りになったりを繰り返し、そんな中登ること3時間(小休憩除く)。午前4時頃、凍える頂上へ到着しました。

サバイバルブランケットに包まり、5時過ぎの日の出を待ちます。

だんだん明るくなってくる東の空。

オレンジ色に染まる地平線と雲海。

そして…

いやー、スマホの写真では伝わりませんが。本当に素晴らしい眺め。心が洗われるようです。

今度はコンデジでも持っていこう(。-∀-)

スマホをもって長いことジーっとしていたので、寒すぎて全身の震えが止まりません((+_+))

下山に備え、温まるために山小屋に避難しました。

そして赤いきつねを購入。

¥800⊂(´Д⊂

チーン。命にはかえられない…。

記念撮影を済ませ、

帰りは大砂走を駆け降りること1時間!駐車場に到着。

あれ…スマホがない…Σ(゚Д゚)

あんな大量の砂礫に覆われた下りを、飛び跳ねるように駆け降りて、ポケットからスマホが飛び出さないわけがありません…。

午前7時、絶望の中、道を引き返します。

8キロを1時間で下ってきたのに、30分で2キロ弱しか進まない…(ノД`)・゜・。

そんなタイミングで、前方から下ってくる男性と遭遇。

ダメもとで「スマホの落とし物見ませんでしたか?」と尋ねると…。

その男性が胸ポケットからスッと何かを取り出し、

(´;ω;`)ブワッ

神様があらわれました。

本当に助かりました!聞くところによると、だいぶ序盤に落ちていたそう…。前日の朝6時から徹夜だっただけに、あれから1時間強登ってまた下るなんて考えただけでゾッとします(;´Д`)

帰りは山中湖付近の温泉に入ってゆっくりしてから帰りましたとさ。疲れたけどいいトレーニングになったなー。

おしまい。

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA