ツバキ


冬でもつやのある緑の葉を保つ常緑樹ですがアンコ入りの道明寺粉を椿の葉で挟んだ椿餅は平安時代には宮中の祭祀に用いられていたそうです

葉は昔、甘露煮などのつや出しに使われていました

花は生で天ぷらに

軽く湯がいて三杯酢で酢の物に

湯がいて他の葉物と合わせお浸しでどうぞ

(テツ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA