焼きまんじゅう島村


こんにちは!酒井です!

 

今年もあと9日となりました。

この1年あっという間です……

年が始まると、12月なんてまだまだだなぁと思うのですが時間が経つのが本当に早いんです。

最近の四万は、少し雪が残っています。

雪が残っていると気温が一段と低いんです。

しっかり冬対策をしていきたいと思います!

 

さて、今日は温泉街にある「焼きまんじゅう島村」さんをご紹介させていただきます!

焼きまんじゅうといえば群馬のソウルフード!

今回少し歴史が気になったので、調べてみることにしました。なんと江戸時代から続く伝統ある食べ物だそうです。

江戸時代の当時は砂糖や水飴が高価だったため、まんじゅうに味噌を塗った「味噌まんじゅう」として販売されていたそうです。そしてその後、明治時代に前橋市に店舗ができてからは甘い味噌だれを付けて販売されるようになった、という歴史があるみたいですよ。

約150年も前から同じものがあったなんで、不思議な感じですね。

そして、その焼きまんじゅうが四万でもお召し上がりいただけるんです!焼きまんじゅう島村さんでは、丁寧に一つずつ、タレをつけながら焼いてくださいます。

シンプルなのに、また食べたくなる美味しさです。お皿に盛って提供してくださいました(*^^*)

場所は柏屋カフェの目の前が目印です。

温泉街に行かれる際はぜひ、お立ち寄りください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました