中之条ビエンナーレ2021伊参エリア屋外展示


こんにちは、Kenです(*´ω`)

9月の月間走行距離もすでに200キロを越えてきました(゚∀゚)

そんな中、昨日(9/21)の真昼間に、久々に熊の目撃情報が!しかも2件!!

1件は奥四万湖周遊道路。なんともう1件は、旅館から数百メートル中之条方面へ下ったところにある嘉満ヶ淵(かまがふち)付近!!!

どっちもよく通る所だなぁ…。

これだけ走っていると、本当にそろそろ遭遇しそうな気がします(;´Д`)

 

さて表題の件。

先日は伊参(いさま)エリアへ、中之条ビエンナーレ2021の屋外展示作品偵察へ繰り出しました。

とりあえず「道の駅 霊山たけやま」「イサマムラ(旧伊参小学校)」「伊参スタジオ」辺りへ向かってみることに。

まずは霊山たけやまの向かい、親都神社に作品を発見!

神社の周りをぐるりと作品が続いていましたが、一部だけ掲載。

次にイサマムラ方面へ。

例年なら、校庭や校舎の周りにも作品が展示されていますが、さすがに会期前なので敷地内に入るのは止めて素通りすると…!

道端に大きなカマキリが現れました!

これはもう特徴的な、石坂孝雄さんの作品ですね。2019年は四万エリア、日向見公園に大きなセミが転がっていましたが、今回はカマキリです!全貌はご自身の目で!!またはオープン後にブログ記事で(。-`ω-)

またその付近には別の作品が!

いったいこの階段はどこへ続くのでしょうか…?

作品の見方、楽しみ方は人それぞれ。

早く緊急事態措置が解除され、群馬県の警戒度も3以下に下がってほしいですね。

オープンが待ち遠しい(´ー`)

Ken

コメント

タイトルとURLをコピーしました