朝に発見


こんにちは、スタッフ ユーキです。

宿直の日の朝、露天風呂を見回ってると

なにやらくるくる巻きになった葉っぱが落ちていました。

湿気でくるくる巻きになったかー?と思いましたが、近くに同じものが

いくつも落ちていました。

これを見て思い出したのが、小学校の時に読んだ国語の教科書に載っていた

「葉っぱのゆりかご」というお話。確か虫さんが赤ちゃん用にと作った物で・・・

でもこれかなあ?

半信半疑でくるくると1枚開いてみました。

そして開いた最後の最後に現れたのは、小さな黄色い卵。

ヤバイヤバイ!(°⌂°;)あたってるやん!

おわわわわ、めっちゃ虫様のご自宅やん!!!!!!(°□°;;)

慌ててそおっとそおーっと元の姿になるように折れ目にそって巻き戻しました。

びっくりしました~・・・

調べると虫さんの名前はオトシブミというらしく、

昔々の人が手紙を書いてはくるくると巻いて人に渡してた事から

「落とし文」という漢字でここに由来してるそうです。1cmもない

小さい虫さんです。

巻いたまま茎に残すものとかみ切って地面に落とすものと

両方あるらしい・・・・次これを見かけたらそっとしておこうと

思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA