四万温泉で楽しめる3つの林道(オフロード)


万沢林道

四万温泉には、温泉街からすぐ入れる、未舗装道の林道が3つあります。

距離の長い方から

野反湖に抜ける、万沢林道
たくみの里方面に抜ける、秋鹿林道
たんげ温泉経由沢渡温泉に抜ける、高田山林道

です。

SUV、オフロードバイク、MTB、ラン!、徒歩!! いろいろな形で、ぜひ、オフロードの魅力を楽しんでください。

四万温泉は、新潟県境の上信越国立公園内の山の中に位置する温泉地です。
そのため、以前は林業がとても盛んだったため、林道も発達しています。

そして、今日紹介する3つの林道は、一般の方でも通れて、なおかつダートが残っている林道です。

温泉街からすぐに林道に入ることが出来ますので、オフローダーにはオススメです。

野反湖に抜ける、万沢林道

四万温泉から同じ町内の六合地区の野反湖に抜ける林道です。
最近は、70km超えの長距離が人気のトレイルランの大会、スパトレイル四万to草津のコースにも使われている林道です。
四万温泉からは温泉街を抜け、テニスコートがある四万スポーツ林の脇を通って行きます。

四万温泉から野反湖まで、30km弱、途中舗装路もありますが、長い間オフロードを楽しむことができます。

六合の国道405号に出る手前の和光原では、およそ1kmのダートの直線もあったりして、走りがいのあるコースです。

_DSC3587

そしてゴールは「天空の湖」、野反湖
コマクサ、シラネアオイ、ノゾリキスゲなどの高山植物を楽しめます、湖周辺のトレッキングも楽しいですよ!
野反湖

たくみの里方面に抜ける、秋鹿林道

四万温泉から隣のみなかみ町のたくみの里方面に抜ける林道です。
四万温泉を出発し、四万の甌穴の手前を左折し、四万川を渡って林道に入ります。

秋鹿林道入口

林道の峠のてっぺんは、「霧峠」。
林道なのに五叉路になっていて、林業専用の道・東京電力の鉄塔整備用の専用道などが交差していますが、通れるのはこの林道だけです。

他の林道はゲートで閉まっているので迷うことはないと思います。

霧峠

ゴールは道の駅たくみの里とのその手前の日帰り温泉遊神館です。
四万温泉から1時間くらいだと思います。

たんげ温泉経由沢渡温泉に抜ける、高田山林道

一番手軽な林道で、ダート区間は車で20分ほどです。

柏屋旅館のすぐ近くの「四万大橋」を渡ってすぐにトンネルの手前を右折したらもう林道です。
わらび峠入口

四万温泉から登りきった峠、「わらび峠」までがダートで、この峠わきに高田山(1212m)への登山口があります。

高田山登山口

登山口の道の反対側には「唐繰原(からくりはら)大黒天」が祀ってあります。
この峠を下った辺りは戦中の食料不足の折に開拓された、開拓地だそうで、開拓の神である大黒天を祀ったのだそうです。

唐繰原大黒天

唐繰原大黒天

峠を下りきったところが、たんげ温泉。
すぐ近くに黄金の滝もあります。

これらの林道、とくに、新緑の5、6月、そして秋の紅葉時期はオススメです。

今日ご紹介した、3つの林道はそこそこ整備されていて、とても危険な場所はありませんが、いずれも途中に人家はなく、携帯もほぼ圏外になります。
あくまでも自己責任でお出かけください。

四万温泉柏屋旅館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA