タグ別アーカイブ: 沢渡温泉

高田山 その参


こんにちは、Kenです(*´ω`)

さて前回、高田山からわらび峠経由で四万温泉に下りる予定が、完全に道を見失った挙句、道なき道を下りた先は県道55号。沢渡温泉付近へと出てきたのでした。

時刻は9時40分。10時過ぎには出かける予定なのに、走って帰ると10時半を過ぎてしまいそうです…(つД`)

近くのバス停の時刻表を確認すると、ちょうど5分後くらいにバスが来る!

しかし携帯はおろかお金すら持っていないこの日の私(;´Д`)

なんとか乗せてもらうしかないっ!!

「四万温泉の柏屋旅館の者なんですが、今手持ちがなくて…。桐の木平(柏屋カフェ横のバス停)で降りて、終点まですぐにお金を持って行くので乗せてもらえませんか!?」

「いいですよー。」と運転手さん。あっさり承諾してくれました( ゚Д゚)

しかも降りる際に「〇分までは四万温泉(終点・始発)にいますけど、間に合わなかったら桐の木平でもいいですよー」とのこと。なんて優しいのだ( ;∀;)

「いえ、すぐ持って行きます!(なんなら終点に着く前に追いつきます)」とバスを飛び降り、すぐにお金を持って行きましたとさ。めでたしめでたし。

 

さて、家へたどり着きホッとしたのもつかの間…第三の失態に気づいた私。

…スマホがない(;゚Д゚)

スマホは家に置いていったのではなく、どこかに落としたようです…。

持っていないことに気づいたのは四万の甌穴の辺り。ということは温泉街から甌穴までの3キロ圏内にあることは確実なはず!

とりあえず電話をかけてみる…応答なし。捜索開始っ!!

捜索開始から20分…私のスマホくんは歩道に降り積もった落ち葉の布団に半身を埋めて寛いでおりました。寒かったからね…そりゃ布団にも入るよね…。

推測するに、落ち葉だらけの歩道を避け車道を走っていた時に、車が来たので慌てて縁石を飛び越えて歩道に戻った衝撃でポケットから飛び降りたようです。

前に富士山でスマホを落とした時の反省を活かせていない…猛反省です。今回はチャック付いてたのに閉めないから。。。

 

…とだいぶ脱線しましたが、高田山~わらび峠ルートをハッキリさせるまでは終われないので、迷った日の翌々日の早朝、今度は高田山林道側から攻めてきました!

温泉街から約5キロ、右手に大黒天を祀る社が見えてきたら、そこがわらび峠です。

道路を挟んで社の向かいは空き地?簡易トイレがあるので登山者用に駐車スペースを作ったのでしょうか?

どこに道があるのかよくわからないここが登山口です。

この入り口さえ通り抜けてしまえば、この先はピンクテープや国土調査の白い杭を目印にすれば迷うことはありません。

切り立った痩せ尾根になっている場所もいくつか。

温泉街から1時間弱で高田山山頂到着。

前回迷ってしまったのは、画像のほぼ正面の丸の辺りにしか道がなかったため、道標の指す方向を無視して抜けて行ったせいでした。ちゃんと道標をみると「唐繰原へ」は向かって右を指しています。

しかし右に道はないんです(; ・`д・´)

「唐繰原へ」が指すのは矢印方向。わらび峠から登って、草木をかき分けて最終的に出てきたのが丸の辺り。

冬だから通れたものの、夏だと草がボーボーで通れないんじゃ…(-_-;)

何はともあれ、これで道がはっきりしたので、今度こそ温泉街→駒岩→石尊山→高田山→わらび峠→温泉街ルートの距離と時間をしっかり計測してきます!

↑今回通った、わらび峠~高田山ルート。丸が山頂。

↑前回迷った際に通ったルート。

そりゃ正規ルートから90度以上もズレてスタートしたら、おかしな所に下り立ちますよね…(/ω\)

GPSなし、コンパスなしで道なき道を進むものではありません。

もう二度と、近所であっても装備を怠ったりはしません(´・ω・`)

Ken

高田山 その弐


こんにちは、Kenです(*´ω`)

以前に書いた石尊山・高田山のブログで宣言した通り、四万温泉から国道353号を駒岩まで下り、高田山を登って、わらび峠から四万温泉というルートに挑戦してきました!

この日はお休み。

10時頃から出かける予定だったので、朝7時に温泉街を出発します( ˘ω˘ )

しかし、四万の甌穴群を過ぎた辺りでスマホがないことに気付く。ここから戻ると30分弱のロスになるので、写真は諦めて向かうことに。「出発準備中にスマホのライトで探し物をしていて、そのまま置いてきたー( ゚Д゚)」…と思っていましたこの時は…。

途中、目視出来ない奥の斜面で、サルよりは大きいサイズの何者か(カモシカ?…クマ!?)のガサガサ音が聞こえた以外は特に何事もなく、出発からおよそ1時間10分。高田山の山頂へ到着!

この写真は前回のブログから引用。この道標の左方向から登ってきて、右方向からわらび峠へ下ります。

右方向に進んだものの、わりとすぐに道らしい道がなくなりました(;´・ω・)

それでも「これが道の跡かなぁ?」と思しき所を進むこと15分程。…あっ、これ完全に道間違えた…(;゚Д゚)

下って来たのは急斜面で、さらに、真っ直ぐ進んでいたわけでもないので「今から戻るのも辛いし、何より迷いそうだ」と思い、とにかくどこかへ下り切ってしまうことにしました。

道なき急斜面をスマホなし、地図なし、コンパスなしでひたすら下ります。

目に映るものといえば、木、木、木、落ち葉、枝、山、山、山…。

木々の隙間から遠~~~くの山の麓に民家らしきもを見つけ、その辺りを目指して下り続けました。山頂から下ること約40分、水がチョロチョロ流れる沢を発見!「あー!これ沿いに下れば道があるはず!!」と安堵のため息がもれました(;´Д`)

次第に沢が小さな川になり、脇に未舗装路が現れます。未舗装路を進んだ先にはアスファルトの道路が!!!でもそこは見覚えのない田舎道です。

道が広くなりそうな方向へ走り続けると、少し広い道にバス停を発見。それを確認してみると「沢渡温泉ー中之条」。なんと県道55号に出てきたのでした!

中之条方向に進むと国道353号にぶつかり、スタッフHaradaがブログに書いたことのあるラーメンダイニング庵の辺りに出ます。

時刻は9時40分。ここから走って帰ると1時間弱かかってしまいます…。

さてどうしたものか…(´・ω・`)

その参へ続く…

Ken

群馬県吾妻郡は日本一の温泉大国 – 四万、草津、万座、沢渡、川原湯


温泉王国吾妻郡

私たち四万温泉が位置している、群馬県吾妻郡(あがつまぐん)は、日本No.1の温泉エリアです。

なぜならば、日本の温泉地ベスト50(※)の中に、四万・草津・万座の3つがランクインしているからです。

高山市、神奈川県足柄下郡などは、2つの温泉地がランクインしていますが、市郡単位で3つの温泉地がランクインしているのは、群馬県吾妻郡だけです。

※ 出典:第29回温泉地ランキングベスト100!(日本旅行選定)より

柏屋旅館にご一泊し、一泊二日でどれだけ多くの温泉に入ることができるかチャレンジしませんか?

バラエティあふれる泉質や温泉街の雰囲気、気持ちいいドライブを楽しむことができますよ!

そんな温泉王国吾妻郡の温泉を紹介します。

温泉地(複数の旅館がある温泉地域)

四万温泉

四万温泉街
四万温泉街

まずは、私たちの地元・四万温泉(しまおんせん)。
四万ブルーが自慢の四万川沿いに細長く伸びた温泉街に、36軒の旅館が並んでいます。

環境省指定の国民保養温泉地第一号、上毛かるたにも「世のちり洗う四万温泉」と詠まれているように、リフレッシュに最適な温泉地です。

レトロな商店街を散策したり、最近では、カヌーやキャニオニング、登山など、アウトドアアクティビティも注目を集めています。

代表的な泉質は、ナトリウム-カルシウム塩化物硫酸塩泉。
よく温まり、美肌効果があると言われている泉質です。

→四万温泉の観光、みどころ

草津温泉

草津の湯畑
草津の湯畑 by kiku

続きを読む

夏を涼しく…


梅雨明けから一転、避暑地といえど暑い日が四万温泉でも続いております。

が!四万温泉の近くにはマイナスイオンを感じれる川や滝がたくさんあります。

そちらで涼んでみてはいかがでしょう。

ということでshouさんに朝早くから滝に連れて行ってもらいました。shouさんはカヤックをやっているのでとても川のことについて詳しいです。

まずはこちら魚止め乃滝

imageimageimage

続きを読む

沢渡温泉


暖冬とはいえ四万の冬は

かなり冷え込んだ日が続いています。

こんな時はやっぱり温泉が気持ち

いいですね。

今回、四万の隣にある「沢渡温泉」に

行ってきました。
PC300967四万から車で15分。中之条町から四万に来る

途中にありますので四万への行きや帰りどちでも

気軽に寄りやすい温泉地です。

「一浴玉の肌」と伝わる美人の湯とも

いわれています。

日帰り温泉施設
PC300971朝9:00時~夜8:30まで営業。

湯温は高め。保温効果がかなり高く1時間

経っても湯冷めしません。

「中屋饅頭店」さん
PC300968

お土産に「きび大福」がおススメです。
PC300964もちもち感があり、とても美味しいです。
続きを読む

四万周辺満喫プラン


お盆休みに入り、ここ四万にたくさんの
お客様がお越しいただいています。
涼がとれとても満足頂いておりますが、
さらに満喫して頂けるよう川の遊び場と
おいしい食事処をご紹介します。

~川遊び~
お子様連れの方にはここで川遊びが
出来ます。
まずは、上沢渡川のせせらぎ公園

IMG_0090_convert_20150813095821IMG_0092_convert_20150813095906ちょっとした滝もありとても楽しめます。
この下流は比較的流れもなく
遊歩道沿いにあるため安全な遊び場かと
思います。
駐車場、トイレもあります。
当館から車で約15分の場所です。
地図はこちら↓

もう1ヶ所は
姉妹店である柏屋カフェの向かいの四万川
IMG_0093_convert_20150813095929町営駐車場横の場所です。現在フェンスも
開放していますので、自由に川に
降りられます。緩やかな流れがあり、
大岩から飛び込んだりとお子様には
大人気の場所です。
地図はこちら↓

このエリアは透明度抜群の川です。
自然の川の流れの中を泳ぐ楽しさをぜひ
体験してみてください。お子様の夏の良い
思い出にきっとなると思います。

※事故防止のため、ライフジャケット着用を
おすすめします。また雷や雨が降り出したら
早めに上がって下さい。

~おいしい食事処~
草津から四万へお越し頂くお客様が
たくさんいらっしゃいますので草津ー四万間
のおいしいおそば屋さんをご紹介します。

まずは草津より15分(当館からは車で
1時間)、六合(くに)にある
「野のや」さん
e81409_75ad9e6bdad74a648a0dc16a46157dc8_jpg_srb_p_630_473_75_22_0_50_1_20_0

自家栽培されている舞茸付そばや季節の
天ぷらそばが人気です。個人的には舞茸
天丼付そばが美味しかったですね。
P2241611_convert_20150812233652P7231113_convert_20150812233801P2241612_convert_20150812233734少し肌寒くなったらきのこ汁そばも
いいですね。

野のやさんHP↓
http://kuninonoya.com/

地図はこちら↓

続いて・・・
草津と四万の中間くらいにある
(当館からは車で45分)
「くれさか」さん。

暮坂峠の登りきった場所にありますが、
建物外観が周りの自然と調和しているため
目立たず通り過ぎてしまうかもしれません。
P9161315_convert_20150812234013
二八と十割そばが選べますが
どっちもという方にはあいもりも
選べます。食べ比べが出来ますね。
P9161313_convert_20150812233926

じゃがいもの天ぷらもとてもおいしいです。
マストメニューです。
ぜひ一緒に注文してみてください。
P9161314_convert_20150812233950
くれさかさんHP↓
http://www.kunimura-kankou.com/2009/07/post_169.html

地図はこちら↓

最後に・・・
四万温泉のとなり沢渡温泉にある
(当館からは車で15分)
「よしのや」さん。
img_1

img_3

そばにつやがありとてもきれいです。

P7021117_convert_20150812234218
ゴマつゆもあります。
P1230003_convert_20150812234133
食後に玉の肌豆腐がおすすめです。
まろやかで濃厚な味です。
P1230001_convert_20150812234107
よしのやさんHP↓
http://www.wind.ne.jp/mikiya/yoshinoyapage.htm

地図はこちら↓

旅行に出かけ美味しいものを食べると
それだけで良い旅行になりますね。
食は旅行の善し悪しを決める
重要なポイントですが、この3軒はきっと
満足頂けるお店かと思います。店主も良い人
ばかりなので会話されても楽しいと思います。

草津ー四万そば処ラインと勝手に
呼んでます(^^)。

(shou)