ホオノキ(モクレン科)


へら形やくさび形をした葉が春に開き、枝先に数枚ずつ放射状に広がり、大きくなって行きます

初夏に広がった葉の中央に花が咲きます
葉は何とも言えぬ懐かしい素朴な香りがします

また葉には防腐作用があり昔からごはんなどを包むのに使われています

春の綺麗な緑の若葉はお寿司を包んで朴葉寿司に、豆ご飯を包んで蒸したり

秋の落ちたばかりの葉はよく干して保存
使うとき水で戻して焼き物をのせたり、甘めの味噌と簡単な具をのせ焼いて朴葉味噌に

朴葉の香りはとても穏やかなで幸せな気持ちにさせてくれます
ぜひトライしてください
(テツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA