タグ別アーカイブ: 高田山

高田山 その参


こんにちは、Kenです(*´ω`)

さて前回、高田山からわらび峠経由で四万温泉に下りる予定が、完全に道を見失った挙句、道なき道を下りた先は県道55号。沢渡温泉付近へと出てきたのでした。

時刻は9時40分。10時過ぎには出かける予定なのに、走って帰ると10時半を過ぎてしまいそうです…(つД`)

近くのバス停の時刻表を確認すると、ちょうど5分後くらいにバスが来る!

しかし携帯はおろかお金すら持っていないこの日の私(;´Д`)

なんとか乗せてもらうしかないっ!!

「四万温泉の柏屋旅館の者なんですが、今手持ちがなくて…。桐の木平(柏屋カフェ横のバス停)で降りて、終点まですぐにお金を持って行くので乗せてもらえませんか!?」

「いいですよー。」と運転手さん。あっさり承諾してくれました( ゚Д゚)

しかも降りる際に「〇分までは四万温泉(終点・始発)にいますけど、間に合わなかったら桐の木平でもいいですよー」とのこと。なんて優しいのだ( ;∀;)

「いえ、すぐ持って行きます!(なんなら終点に着く前に追いつきます)」とバスを飛び降り、すぐにお金を持って行きましたとさ。めでたしめでたし。

 

さて、家へたどり着きホッとしたのもつかの間…第三の失態に気づいた私。

…スマホがない(;゚Д゚)

スマホは家に置いていったのではなく、どこかに落としたようです…。

持っていないことに気づいたのは四万の甌穴の辺り。ということは温泉街から甌穴までの3キロ圏内にあることは確実なはず!

とりあえず電話をかけてみる…応答なし。捜索開始っ!!

捜索開始から20分…私のスマホくんは歩道に降り積もった落ち葉の布団に半身を埋めて寛いでおりました。寒かったからね…そりゃ布団にも入るよね…。

推測するに、落ち葉だらけの歩道を避け車道を走っていた時に、車が来たので慌てて縁石を飛び越えて歩道に戻った衝撃でポケットから飛び降りたようです。

前に富士山でスマホを落とした時の反省を活かせていない…猛反省です。今回はチャック付いてたのに閉めないから。。。

 

…とだいぶ脱線しましたが、高田山~わらび峠ルートをハッキリさせるまでは終われないので、迷った日の翌々日の早朝、今度は高田山林道側から攻めてきました!

温泉街から約5キロ、右手に大黒天を祀る社が見えてきたら、そこがわらび峠です。

道路を挟んで社の向かいは空き地?簡易トイレがあるので登山者用に駐車スペースを作ったのでしょうか?

どこに道があるのかよくわからないここが登山口です。

この入り口さえ通り抜けてしまえば、この先はピンクテープや国土調査の白い杭を目印にすれば迷うことはありません。

切り立った痩せ尾根になっている場所もいくつか。

温泉街から1時間弱で高田山山頂到着。

前回迷ってしまったのは、画像のほぼ正面の丸の辺りにしか道がなかったため、道標の指す方向を無視して抜けて行ったせいでした。ちゃんと道標をみると「唐繰原へ」は向かって右を指しています。

しかし右に道はないんです(; ・`д・´)

「唐繰原へ」が指すのは矢印方向。わらび峠から登って、草木をかき分けて最終的に出てきたのが丸の辺り。

冬だから通れたものの、夏だと草がボーボーで通れないんじゃ…(-_-;)

何はともあれ、これで道がはっきりしたので、今度こそ温泉街→駒岩→石尊山→高田山→わらび峠→温泉街ルートの距離と時間をしっかり計測してきます!

↑今回通った、わらび峠~高田山ルート。丸が山頂。

↑前回迷った際に通ったルート。

そりゃ正規ルートから90度以上もズレてスタートしたら、おかしな所に下り立ちますよね…(/ω\)

GPSなし、コンパスなしで道なき道を進むものではありません。

もう二度と、近所であっても装備を怠ったりはしません(´・ω・`)

Ken

高田山 その弐


こんにちは、Kenです(*´ω`)

以前に書いた石尊山・高田山のブログで宣言した通り、四万温泉から国道353号を駒岩まで下り、高田山を登って、わらび峠から四万温泉というルートに挑戦してきました!

この日はお休み。

10時頃から出かける予定だったので、朝7時に温泉街を出発します( ˘ω˘ )

しかし、四万の甌穴群を過ぎた辺りでスマホがないことに気付く。ここから戻ると30分弱のロスになるので、写真は諦めて向かうことに。「出発準備中にスマホのライトで探し物をしていて、そのまま置いてきたー( ゚Д゚)」…と思っていましたこの時は…。

途中、目視出来ない奥の斜面で、サルよりは大きいサイズの何者か(カモシカ?…クマ!?)のガサガサ音が聞こえた以外は特に何事もなく、出発からおよそ1時間10分。高田山の山頂へ到着!

この写真は前回のブログから引用。この道標の左方向から登ってきて、右方向からわらび峠へ下ります。

右方向に進んだものの、わりとすぐに道らしい道がなくなりました(;´・ω・)

それでも「これが道の跡かなぁ?」と思しき所を進むこと15分程。…あっ、これ完全に道間違えた…(;゚Д゚)

下って来たのは急斜面で、さらに、真っ直ぐ進んでいたわけでもないので「今から戻るのも辛いし、何より迷いそうだ」と思い、とにかくどこかへ下り切ってしまうことにしました。

道なき急斜面をスマホなし、地図なし、コンパスなしでひたすら下ります。

目に映るものといえば、木、木、木、落ち葉、枝、山、山、山…。

木々の隙間から遠~~~くの山の麓に民家らしきもを見つけ、その辺りを目指して下り続けました。山頂から下ること約40分、水がチョロチョロ流れる沢を発見!「あー!これ沿いに下れば道があるはず!!」と安堵のため息がもれました(;´Д`)

次第に沢が小さな川になり、脇に未舗装路が現れます。未舗装路を進んだ先にはアスファルトの道路が!!!でもそこは見覚えのない田舎道です。

道が広くなりそうな方向へ走り続けると、少し広い道にバス停を発見。それを確認してみると「沢渡温泉ー中之条」。なんと県道55号に出てきたのでした!

中之条方向に進むと国道353号にぶつかり、スタッフHaradaがブログに書いたことのあるラーメンダイニング庵の辺りに出ます。

時刻は9時40分。ここから走って帰ると1時間弱かかってしまいます…。

さてどうしたものか…(´・ω・`)

その参へ続く…

Ken

石尊山・高田山


こんにちは、Kenです(*´ω`)

最近は水晶山でのトレーニングにも体が慣れてきて、8キロの重りをザックに詰めて登ったり、月見橋側から登って稲包神社側へ下り、そのまま来た道を引き返し月見橋側へ下りたりとバリエーションが増えてきました(。-`ω-)

稲包神社側から登った先で見下ろす四万川ダム

もっと上から見下ろす場所もあるのですが、枝が邪魔でうまく撮れなかったので、次回ちょっと道を外れて撮ってこようかなー。(こっちもうまく撮れていないですが…)

稲包神社側から水晶山への小藪漕ぎ

バリエーションを増やしてはみましたが、水晶山だけではなんだか飽きてきたので今日は別の山へ!

四万温泉へ来たことがある方なら、国道353号を中之条から上がってくる途中の左側に「石尊山・高田山」という看板を見た記憶がある方もいるのではないでしょうか?ちょっと気にはなっていたものの「きっと低くて獲得標高も稼げないであろう」と敬遠していたのですが…。

何気なく高田山を調べてみると、標高1212メートル!!!水晶山の900メートルより高かったのか!!!(; ・`д・´)

急いで山行記録を調べると、情報は少ないですが駒岩バス停~山頂の往復で3時間ちょっとで歩ける模様。ということはトレランスタイルで1時間半はかからないはず!と思い出動!三(っ・ω・)っ

現在時刻は10時。寮から登山口入り口まで車で8分、山頂の往復にかかっても1時間半、帰宅に8分。シャワーを浴びて、お昼を食べて、出勤は12時半…ギリギリ行けるっ!!!

登山者用の駐車場として、駒岩公民館の駐車スペースを利用できます。

この登山道入口の表示から、住宅の間を縫うように進むと登山道があります。

急いでいるので、途中での撮影はほぼカット。

こんな急登があったり、登山道の半ばには1~2週間前には真っ赤に輝いていたであろう落ち葉の絨毯が敷き詰められていました。ここは10月下旬~11月上旬に来れば素晴らしい紅葉を拝めるはず!

高田山の山頂前に石尊山を通過します。結果から言うと、ここからの景色の方が高田山山頂よりだいぶいいです(´ー`)

石尊山山頂より

石尊山を通過し、割と急な痩せ尾根を3~4回下りたり登ったりして高田山の山頂を踏みます。

山頂は広めですが、木々が周囲を囲っていて景観はイマイチ。

この「唐繰原へ」という道標を見て、後で調べて知るのですが…。柏屋旅館を左に出てすぐ右側の四万大橋を渡った先に、沢渡温泉へ抜けられる林道があるのですが、どうやらその途中のわらび峠というところへ下る道があるようなのです!

さらに調べてみると、過去に(スタッフ?社長?が)これらを紹介している記事を見つけました。

四万温泉で楽しめる3つの林道(オフロード)

高田山 四万温泉からトレイルランニング その2

次回はここで紹介されている、四万大橋~駒岩バス停~石尊山~高田山~わらび峠~四万大橋のルートをなぞって、温泉街から行って帰って来てみます(´∀`)ノシ

水晶山コース(5キロほどで300メートルちょっとの獲得標高)とほとんど変わらない距離で倍近くの獲得標高!その分走れる区間は少ないですが、なかなか良い負荷(;゚Д゚)

ちなみに出勤時間はギリギリでした(;´Д`)

今度は計画的に出発します!笑

Ken