カテゴリー別アーカイブ: スタッフのつぶやき

アルプスの女王・燕(つばくろ)岳


こんにちは、Kenです(*´ω`)

2年ぶりに北アルプスへ乗り込んできました!

今回は、白く美しいアルプスの女王と呼ばれる燕岳。

9/13(日)は全国的に雨予報だったのですが「てんきとくらす」というサイト(気象条件を考慮して、日毎・山毎に登山の快適さを登山指数という形で示してくれる優れモノ!)の登山指数Aを信じて行ってきました!三(っ・ω・)っ

土曜の22:30頃四万を出て、車を走らせること約4時間…。

長野の安曇野、中房温泉の登山口の駐車場へ2:30頃到着し、3時間ほど車で仮眠…。

5:30に起床し、身支度を整え、6:00にいざ出陣!!

わりと明るく見えますが、実はこの時間から小雨がパラパラ。

中房温泉から燕岳への道、合戦尾根は北アルプス三大急登の一つなだけあって、キツイキツイ…ちょこちょこ足を止めつつ登って行きます(;´Д`)

急登が続く合戦小屋までの標準タイムは3時間ほど。寝不足やら長時間の運転やらが災いして軽い頭痛の中、ヒーヒー言いながら1時間15分で到着。

特に疲れているわけではないので、立ち寄らず先を急ぎます。

ここまで来れば急登も終わり、燕山荘まで1.7km、燕岳山頂まで2.6kmほど。

途中、遠くで青空がチラッと顔を覗かせましたが、これがピーク。この後は本格的な雨に降られました(つД`)

燕山荘に着いても雨。泊まりだった方に聞いてみると、前日は晴れたそうです(´・ω・`)ウラヤマシイ

槍ヶ岳、常念岳も行きたいなぁ(´ー`)

時間が許すなら、中房温泉~燕岳~常念岳日帰りピストンしたかった!ちょっと無茶かなぁ…。30kmオーバーのコースになってしまう…(; ・`д・´)

燕山荘から、山頂への道。

ここからは特にきついことはない1km弱の道のりを、白く美しい風化した花崗岩を楽しみながら進むのみ!

燕岳といえばこのイルカ岩
メガネ岩もあります

山頂は視界ゼロ( ゚Д゚)

槍ヶ岳や、美しい景色が見れるはずだったのになぁ…。はるばる来たのになぁ…。

まぁ、また来なさい!というメッセージなのでしょう( ˘ω˘ )

燕山荘に着く前から次第に雨が強くなり、山頂から下山の途中までなかなかの雨。

帰りはところどころ登山道を濁流が流れる始末…。私が下山する頃に登り始める1泊コースの方々もたくさんいて、泊まって翌日晴れたらいいなと願うばかり(;´・ω・)

下山したのは10時だったのでちょうど4時間ほどの山行。移動時間は3時間15分程度。下りがすいていればもうちょっと走れたので3時間くらいにはなるのかなーと。

4時間運転し、4時間で上って下りて、また4時間の運転で帰ってくる…なんだかちょっと悲しい。アクセスが悪すぎる!

もっと近くに2000~3000m級の山がたくさんあったらいいのに(~o~)

帰って来た翌日、腰痛に苦しんでおります。太腿、お尻周りのストレッチは大切です。しっかり体をケアして楽しみましょう♪

Ken

棚下不動の滝


こんにちは、Kenです(*´ω`)

先日、棚下不動の滝へ行ってきました。

駐車場から遊歩道に向かう途中には、不動明王が鎮座しています。

落差37メートルの滝で「日本の滝100選」にも選ばれています。

2011年の震災で大規模な崩落があり、ずっと立ち入り禁止だったのですが、昨年3月に整備され、なんと6月の豪雨で今度は階段が崩落。さらに1年の全面通行止めを経て、今年8月に復旧されたばかりだったようです!

裏見の滝としても知られており、今回は行きませんでしたが真裏からも見ることができます。

四万から渋川伊香保インターへ向かう途中、国道17号を沼田方面へ15分程度で着きますので、お帰りの際に寄ってみてください( ˘ω˘ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが、今も2~3日に1回以上の頻度で、中之条のあちこちで熊の目撃情報が出ています。

私は、山や奥四万湖外周を走るときなど、熊鈴を携行していますが、今使っているものは安かったので錆や傷でだいぶくたびれていました。

なので今回熊鈴を新調!ネットで1つポチっとして、さらにもう1つを中之条のお店でゲット!

今までの物よりもはるかにいい音が!(∩´∀`)∩

つけて走らねば!三三三(っ・ω・)っ

Ken

34回目の投稿です。


こんばんは、中西健太です。
9月に入り涼しくなってきましたね‼️

先日、中之条駅から徒歩1分くらいの所にある、『なごみ』という海鮮料理に行ってきました✨

ランチタイムにうな玉丼を食べてきました‼️

このボリュームとクオリティーで1000円でした。
ご主人と奥様の2人でやられているみたいです。
是非、食べに行ってみてください‼️
グルメキャラの原田さんがいらっしゃいますが、今回おすすめのお店だったので紹介させていただきました✨

今日の一曲は木村弓さんの「いのちの名前」です。
千と千尋の神隠しの主題歌として使われていて作品ともマッチしていて少し切なくなるような、夏の終わりを告げるような曲です。
一度聞かれたことある方ももう一度聞いてみてください‼️

熊に注意


こんにちは!かねっしーです

ここ最近、熊の目撃情報が多発しております。

本日9/5の夜にも、熊と思われる目撃情報が柏屋旅館の近くでありました。

つい先日も、四万湖にカヌーへ出かけたお客さまが、熊を見かけたとお話を聞きましたので、お出かけの際には十分ご注意ください。

私はまだ四万温泉に来てから、熊をこの目で1回も見たことがありませんが

これだけ目撃情報があると、いつどこで出てくるかも分かりませんので、気を付けようと思います。

(かねっしー)

レターセット


こんにちは、スタッフ ユーキです。

先日、初めてレターセットを作ってみました。

裏面には魚さんが一匹^^

川や森など、自然を描きました^^

和紙を使うと、なかなか市販のソレっぽい感触になります。

気の向くままに色を載せると、とても良い色になるような気がしました。

嵩山(たけやま)


こんにちは、Kenです(*´ω`)

今日の休憩中も走りに!(っ・ω・)っ

四万温泉から国道353号を中之条へ下る途中、メロディーラインの終わり付近を左折。伊参というエリアを通り、五反田エリアへ。

そこに聳え立つ嵩山は、789メートルの山です。

麓には道の駅霊山たけやま

芸術の祭典、中之条ビエンナーレが開催されている時は、作品が並ぶ会場にもなります。

実はまだ登ったことはなかった嵩山。

入り口は、表登山道と東登山道の二か所。今回は表登山道から入り東登山道へと抜けます。

嵩山三十三番観世音といって、登山口の一番を初めに、山内に三十三の石仏が点在しています。

今回は石仏は置いといて、西の峰「小天狗」、中の峰「中天狗」、東の峰「大天狗」を通過し下りることにしました。

表登山口から上り、初めの展望台

途中にはなかなか大変な鎖場もあります。

今日はサンダルをやめ、久しぶりに靴だったので快適でした( ˘ω˘ )

途中に「胎内くぐり」という狭い岩場があり、その先に十一~十三番観音があるそうな。

写真中央やや右の岩の隙間を通って行きます。ザックを背負ったままだと通れませんでした(;゚Д゚)セマイ

一番狭くて22センチ!腰回り約85センチが限度だそうです!(通れない方、そんな所通りたくない方には回り道があります笑)

後が急斜面で怖いですが、胎内くぐりでもパシャリ。

実城の平という所には、何十体もの石仏がズラリ(; ・`д・´)

最後の大天狗(嵩山山頂)へは、これまたしんどい鎖場!

雨でも降ったりしていなければ、それほど危なくなさそうでしたが、十分気をつけて上りましょう。

山頂からの景色の写真はありません!ご自身の目でどうぞ(∩´∀`)∩

あまり石仏巡りをせずに走って行けば40分程度。

三十三全て周ると、距離が倍ぐらいになりそうです( ゚Д゚)

ちょっと見づらいですが、二十八~三十三がメインのルートから結構離れたところにあります。お時間のある方はどうぞ!

Ken

柏屋旅館の制服


こんにちは、スタッフ ユーキです。

柏屋旅館スタッフの制服である ”足袋下” (タビシタ)^^
ちょっとカラフルでキレイだったので並べてみました。

色々な柄があってとっても可愛いです。制服は上下、足袋下も「SOU・SOU」というブランドで統一されていますが、足袋下だけ柄の種類があるので選べるのが嬉しいです。

上の服は濃藍色でしょうか。日本の伝統色です。

四万川の深い部分の水の色だとも私は勝手に思っていて、私は制服を着ると、気持ちがスッキリします。

江戸時代の人達が今、SOU・SOUの服を見たら、ラフさにびっくりした後、めっちゃくちゃ流行るんじゃないかなーなんて、想像しました。

日光白根山再び


こんにちは、Kenです(*´ω`)

2年ぶり2回目の日光白根山へ行ってきました!

前回は、ルナサンダルというランニング用サンダルで、金精峠入口→金精山→五色山→前白根山→五色沼→奥白根山→ロープウェー山頂駅→奥白根山→弥陀ヶ池→菅沼駐車場→金精峠入口というルート。

今回は、ワラーチという手作りのぺらっぺらサンダルで、湯元温泉→前白根山→五色沼避難小屋→奥白根山→弥陀ヶ池→五色沼→五色山→国境平→湯元温泉のルートにしてみました。

お昼過ぎ頃までには帰ってこなければいけなかったので、日も出ぬ早朝出発につき睡眠時間は3時間ほど。眠い目をこすり3時に起床…(つД`)

湯元温泉に着いたのは5時半頃でしょうか。駐車場にはすでにたくさんの車が。釣りの支度をする人、日の出からの出発に備え仮眠をとる人、もう登山を開始している人などなど。

私も装備を整え出発(っ・ω・)っ

登山口への道すがら、早くも鹿に遭遇!

映っているのは1頭ですが、たくさんいました( ゚Д゚)

テント泊登山の方やキャンプの方もチラホラ。

登山口はスキー場。しばらくゲレンデを上ります。

高山植物も多いようで、所々で花が咲いていますが、あまり興味がないので名前などはわかりません(-_-;)

この日は完全な曇りではなかったものの、残念ながら山頂付近はガスっていました。

まだロープウェイが動いていない時間だったので、まだ山頂付近に人はまばら。

先を急いでいたので、写真を撮り山頂を後にしましたが、この後少し良い晴れ間が顔を覗かせたようでした。

五色沼への気持ちの良い下り道。

下から見るとよくわかりませんが、晴れ間が覗いた五色沼を上から見ると…

四万ブルーみたいにキレイなんです!( *´艸`)

私のスマホカメラの性能が低すぎて伝わらない…。

五色沼から五色山へ上った後、国境平経由で戻る予定が、分岐を間違ったらしく前白根山方面へ下ってしまいました。慌てて引き返し国境平へ向かいました。…うん、トレーニングだトレーニング(。-`ω-)

予定をオーバーしてしまいましたが無事に下山。

山へ行くと必ずと言っていいほど目にする積み石。私は積んでいませんよ( ˘ω˘ )

最後の方の下りは木の根や石や刈られた笹薮だらけで、ぺらっぺらワラーチでは足裏が痛く、駆け下りることができずタイムロス。今度は久しぶりに靴で走りに行こうかなー。

早朝の中之条が23℃だったというのに、湯元温泉に着くと16℃!さらに山頂付近は10℃くらいでしょうか。

涼しくて気持ちの良い山行でした!

皆さんも夏はお山へ(∩´∀`)∩

Ken

川遊び


こんにちは!かねっしーです

ここ最近はまだまだ暑い日が続いていますね;つД`)

四万温泉も、山の中とはいえさすがに暑いです。

そんななかつい先日、桐木平駐車場から降りられる四万川で、がっつり水に入って遊んできました!

岩の上から川に飛び込んだり、川の流れに身を任せて流されたりしている動画があるのですが

とても今月28歳を迎えた者の姿とは思えないはしゃぎようなので、ここでは遠慮させていただきます(笑)

 

 

遊んでいたのは1時間ちょっとでしたが、しばらく体がひんやりしていてとても気持ち良かったです!

明日明後日も暑くなりそうな予報なので、川に入るまではいかなくても、足を付けて涼んだり、水分補給をこまめにしながら乗り越えましょう!

(かねっしー)

 

バンジージャンプ


こんにちは、Kenです(*´ω`)

初めに言っておきますが、バンジージャンプをしてきたわけではないので悪しからず…(/ω\)

先日、水上(みなかみ)の方へ出かけた帰り、道の駅 みなかみ水紀行館へ寄って散歩していました。

ボートで川下りを楽しむ人がたくさんいる中、何やら遠くに…

バ、バンジー(;゚Д゚)

私が一生チャレンジすることはないであろうバンジージャンプ。

これまでしてきたジャンプといえば、川などで2~3メートルの高さから飛び込んだり、一番高くても、タイのチェンマイで行ったグランドキャニオンでの8メートルのクリフジャンプ(それでも飛ぶのにだいぶ時間を要した…(~_~;))

お金を払ってこんなことするなんて…(;´Д`)

1万円以上も払って山を走る(トレイルレース)私にこれを言う権利はないようですが、そんなことは知りません!

何はともあれ、誰かが飛びそうな気配があったので、しばらく様子を窺っていました。

すると…よく見るあれです。手を広げてポーンと…。

あー。

あー。

あー。

あー。

遠くから見ている分には迫力も何もありませんでしたが、飛んでいる本人にとっては物凄いスリルでしょう(; ・`д・´)

今度は横から見てみたい…。誰か飛びませんか!?

Ken

猛暑日


こんにちは、Kenです(*´ω`)

前回の摩耶の滝に続き、小倉の滝へも行ってきました!

この日は、四万も35度程まで上がったのではないかと思われる猛暑日…(~_~;)

しっかりと水分を補給し、人で賑わう温泉街を12時に出発。

いざ小倉の滝遊歩道入り口まで来てみると、まだ「熊出没につき閉鎖」の看板が立っていました。ですが、四万温泉協会によると閉鎖は解除されているそうです。

熊鈴やラジオ、音楽をかけたりして存在を知らせ、気をつけて楽しみましょう。

小倉の滝への道中は、涼しげなポイントがたくさん!

前半の道は大きめの砂利がゴロゴロしていて、少々歩きにくい箇所も。

当然、私のぺらっぺらのワラーチ(手作りのラン用サンダル)では足裏が痛くてなかなかスピードが出せません(;´Д`)

川沿いの木陰は少しひんやり。歩いても走っても気持ち良いです。

この日が熱すぎただけかもしれませんが、滝のそばでの涼しさレベルは摩耶の滝の方が高かったような( ˘ω˘ )

またしてもヤマビルは見当たらず。私が汗っかきで全身汗だくなので、塩分が苦手な彼らに避けられているのでしょうか?

遊歩道では二組とすれ違い。皆さん自然を楽しんでいました。

温泉街からスタートし、滝までの往復。1時間でした!

自然の中で、夏を満喫しましょう(∩´∀`)∩

Ken

おサルさん


こんにちは。スタッフ ユーキです。

本格的な暑さで日中 外に出ると溶けてしまいそうですが、

朝方はとてもひんやりしていて気持ちが良いです。

そんな朝のお散歩中、おサルさんを見かけました。

1匹だけでお食事中・・・見てるとたまに目が合ったりします(^^カワイイナー

動画に撮ってきましたので良かったら見てみて下さい。(1分半くらいです。)

誕生日


こんにちは!

かねっしーです

前回のブログでもありましたが、8月6日で28歳となりました!

毎年の事ではありますが、やっぱりこうやって祝っていただけるのは素直に嬉しいですね(*^.^*)

今回の誕生日では、スタッフの中西くんから歌を、内田くんから手書きのハガキを、そして関西出身の高野くんからはこちらをいただきました!

 

本当に祝っていただいた皆さまに感謝です!おかげさまで、今年も思い出深い誕生日となりました(*´∀`)♪

(かねっしー)

夏本番


こんにちは、Kenです(*´ω`)

梅雨も明け、うだるような暑さが続きますが、夏を満喫しましょう!

6、7月と四万内で熊の目撃情報が多発したため、摩耶の滝・小倉の滝への遊歩道が閉鎖されていましたが、どうやら解除された模様。摩耶の滝へ走ってきました。

注意書きとコーンはまだそこにあるものの、脇へよけられています。

遊歩道の入り口脇には「ヤマビル出没注意」の注意書き。高濃度塩水スプレーが置いてあるので、足元などに噴射しましょう。

実は私もまだヤマビルをしっかり見たことがなかったので、よく知らない方のためにも、足にでも乗せて写真を撮ってみようと思っていたのですが、入口・滝への道中・滝周辺にも見当たりませんでした…(;´・ω・)

もう昼間の四万はどこも暑いですが、木陰の川や滝のそばは涼しげです。10月頃まではヤマビルに注意しながら、ゆっくりお散歩をお楽しみください( ˘ω˘ )

滝の前まで行くととても涼しいです!柏屋旅館から遊歩道入り口までは約4キロ、徒歩で1時間程度。さらに滝までは30分程度でしょうか?お時間のある方は是非!

帰りがけに大泉の滝のそばを走っていると、川の方からホイッスルの音が。

キャニオニングかな?ちょっとわかりにくいですが、写真中央上部やや右に、ヘルメットと黄色いライフジャケットをつけた人が確認できるでしょうか?

仰向けに寝転がり、頭側から小さな滝のようになっている所へ流れていきました(´っ・ω・)っ気持ちよさそうです!

夏の四万はウォーターアクティビティも充実しています。気をつけて夏を楽しみましょう(´▽`)

Ken