タグ別アーカイブ: ワラーチ

日光白根山再び


こんにちは、Kenです(*´ω`)

2年ぶり2回目の日光白根山へ行ってきました!

前回は、ルナサンダルというランニング用サンダルで、金精峠入口→金精山→五色山→前白根山→五色沼→奥白根山→ロープウェー山頂駅→奥白根山→弥陀ヶ池→菅沼駐車場→金精峠入口というルート。

今回は、ワラーチという手作りのぺらっぺらサンダルで、湯元温泉→前白根山→五色沼避難小屋→奥白根山→弥陀ヶ池→五色沼→五色山→国境平→湯元温泉のルートにしてみました。

お昼過ぎ頃までには帰ってこなければいけなかったので、日も出ぬ早朝出発につき睡眠時間は3時間ほど。眠い目をこすり3時に起床…(つД`)

湯元温泉に着いたのは5時半頃でしょうか。駐車場にはすでにたくさんの車が。釣りの支度をする人、日の出からの出発に備え仮眠をとる人、もう登山を開始している人などなど。

私も装備を整え出発(っ・ω・)っ

登山口への道すがら、早くも鹿に遭遇!

映っているのは1頭ですが、たくさんいました( ゚Д゚)

テント泊登山の方やキャンプの方もチラホラ。

登山口はスキー場。しばらくゲレンデを上ります。

高山植物も多いようで、所々で花が咲いていますが、あまり興味がないので名前などはわかりません(-_-;)

この日は完全な曇りではなかったものの、残念ながら山頂付近はガスっていました。

まだロープウェイが動いていない時間だったので、まだ山頂付近に人はまばら。

先を急いでいたので、写真を撮り山頂を後にしましたが、この後少し良い晴れ間が顔を覗かせたようでした。

五色沼への気持ちの良い下り道。

下から見るとよくわかりませんが、晴れ間が覗いた五色沼を上から見ると…

四万ブルーみたいにキレイなんです!( *´艸`)

私のスマホカメラの性能が低すぎて伝わらない…。

五色沼から五色山へ上った後、国境平経由で戻る予定が、分岐を間違ったらしく前白根山方面へ下ってしまいました。慌てて引き返し国境平へ向かいました。…うん、トレーニングだトレーニング(。-`ω-)

予定をオーバーしてしまいましたが無事に下山。

山へ行くと必ずと言っていいほど目にする積み石。私は積んでいませんよ( ˘ω˘ )

最後の方の下りは木の根や石や刈られた笹薮だらけで、ぺらっぺらワラーチでは足裏が痛く、駆け下りることができずタイムロス。今度は久しぶりに靴で走りに行こうかなー。

早朝の中之条が23℃だったというのに、湯元温泉に着くと16℃!さらに山頂付近は10℃くらいでしょうか。

涼しくて気持ちの良い山行でした!

皆さんも夏はお山へ(∩´∀`)∩

Ken

猛暑日


こんにちは、Kenです(*´ω`)

前回の摩耶の滝に続き、小倉の滝へも行ってきました!

この日は、四万も35度程まで上がったのではないかと思われる猛暑日…(~_~;)

しっかりと水分を補給し、人で賑わう温泉街を12時に出発。

いざ小倉の滝遊歩道入り口まで来てみると、まだ「熊出没につき閉鎖」の看板が立っていました。ですが、四万温泉協会によると閉鎖は解除されているそうです。

熊鈴やラジオ、音楽をかけたりして存在を知らせ、気をつけて楽しみましょう。

小倉の滝への道中は、涼しげなポイントがたくさん!

前半の道は大きめの砂利がゴロゴロしていて、少々歩きにくい箇所も。

当然、私のぺらっぺらのワラーチ(手作りのラン用サンダル)では足裏が痛くてなかなかスピードが出せません(;´Д`)

川沿いの木陰は少しひんやり。歩いても走っても気持ち良いです。

この日が熱すぎただけかもしれませんが、滝のそばでの涼しさレベルは摩耶の滝の方が高かったような( ˘ω˘ )

またしてもヤマビルは見当たらず。私が汗っかきで全身汗だくなので、塩分が苦手な彼らに避けられているのでしょうか?

遊歩道では二組とすれ違い。皆さん自然を楽しんでいました。

温泉街からスタートし、滝までの往復。1時間でした!

自然の中で、夏を満喫しましょう(∩´∀`)∩

Ken

ワラーチ完成!


こんにちは、Kenです(*´ω`)

ランニングサンダルを作ってみました!

まず適当な紙に足の型をとります。

それをビブラムの靴底修理用のシートに貼り合わせます。

絵面が一緒でしたね…この画像はいらなかったか…( ̄▽ ̄;)

こちらが型に合わせて切り取ったシート。

それに紐を通す穴を開け、紐を通したら完成!

って全然制作の過程になってない(;´д`)

まぁそんなこんなで完成品がこちら。

これは正式にはワラーチではなく、man3DALs(マンサンダル)というらしいです。

軽くてイイ!(・∀・)

7mmのソール1枚なので、尖ったものや石を踏んだりしたら痛そうですが、走るときはしばらくこれを履いてみます♪

Ken

ランニングサンダル


こんにちは、Kenです(*´ω`)

ここ数年?ランナーの間で、ランニングサンダルなるものが流行っています。

私も去年は、ルナサンダルというサンダルで四万はもちろんのこと、榛名山や赤城山、遠征では日光白根山などを走っていました!

こんな感じのサンダルです。

裸足感覚で走ることで本来の足の機能を発揮して、それを続けることで怪我や故障をしにくい脚が作られるそうです。

それを履き潰してしまってサンダルランから離れていたのですが、ここ最近ワラーチというサンダルの自作が流行っているので、今回私も作ってみることにしました。

まだ肋骨の骨折が完治していないので「作っても走れないしなぁ~」と、部屋の隅で眠っていた材料を引っ張り出しました。

…が、製作の過程はまた次回!(*´з`)

Ken