カテゴリー別アーカイブ: 料理長の食材うんちく

季節の食材について井上料理長が熱く語っています!

上州牛、上州和牛は群馬県の誇るブランド牛です


上州牛ステーキ
上州牛ステーキ

日本の美味しい牛肉は、今や世界中で大人気ですね。
松阪牛・神戸牛・但馬牛・飛騨牛などなど、列挙しただけでよだれが出てきそうです。

今日は、そんなブランド牛の中で、私たち四万温泉柏屋旅館でお楽しみいただいている上州牛と上州和牛ついて紹介します。

群馬県は

四万温泉・草津温泉・伊香保温泉などの有名温泉地や尾瀬など豊かかな自然を擁する日本有数の観光県です。
その一方、スバルの主力工場などをはじめとする工業も充実しています。
また、嬬恋の高原キャベツ、下仁田こんにゃく、養蚕など農業も盛んという多彩な面を持ち合わせている県です。

そして、あまり知られていませんが畜産業も盛んです。
生乳の生産量は北海道、栃木に次ぐ全国3位(H28)。
豚肉も田舎豚、上州麦豚、赤城ポークなどなど多彩なブランドあることでも知られています。

そんな畜産県群馬で育った肉用牛が上州牛(じょうしゅうぎゅう)・上州和牛です。

ちなみに「上州」は、江戸時代までの群馬県地域のなまえ上野国(こうずけのくに)の別称です。

上州牛の定義は

以下のとおりです。
群馬県食肉品質向上対策協議会より引用)

1976年JA群馬経済連(現 全農群馬県本部)を中心に県下の肉牛肥育農家の協議会により、肉質等級「上」以上を「上州牛」と位置づけました。

現在では、上州牛とは群馬県産であり、高度な衛生基準で食肉処理を行(株)群馬県食肉卸売市場にて取引される和牛と、トップレベルの肉質といわれている交雑牛の総称です。

上州牛
生産地:群馬県内
「上州牛」は黒毛和種と交雑牛の総称です。
交雑牛は肉質の向上及び生産コストの引き下げを目的に「黒毛和種」と「乳用種」を交配させた牛で、交雑種が生まれ持つ強健性により病気になりにくく、肉質は風味豊かに仕上がっています。

上州和牛
生産地:群馬県内
優秀な血統の黒毛和種に群馬県の環境に合った飼養管理で肥育された安心・高品質な牛肉です。
地元群馬はもとより首都圏で古くから愛され、親しまれています。

上州牛のネーミングは平成19年に、地域団体商標として商標が登録されました。(商標登録5027428号)

そして、今や

上州牛・上州和牛は、Joshu Beef , Joshu Wagyu として世界中に輸出されるブランド牛として、海外からの認知も高まり始めています。
群馬県食肉卸売市場によると、輸出認定が取れている国は、アメリカ、カナダ、香港、シンガポール、タイ、マカオ、メキシコ、ベトナム、EUなどだそうです。

実際、柏屋旅館に泊まる海外からのお客様にも上州牛は大人気です。
先日3泊されたお客さまは、3泊とも上州和牛や上州牛を楽しまれました。

私たち四万温泉柏屋旅館では、最上級A5ランクの上州和牛サーロイン、上州牛ヒレ、上州牛サーロインを楽しむことができます。

上州和牛A5ステーキ
上州和牛A5ステーキ

最上級A5ランクの上州和牛サーロイン

きめ細やかで旨味のある上質な脂が特徴の霜降り牛のサーロインです。
柏屋旅館で楽しんでいただいているのは、群馬県太田市の加藤牧場産の黒毛和種A5ランクのお肉です。
加藤牧場は品評会などでの受賞経験の豊富な優れた畜産農家としてよく知られています。

上州牛ヒレ

お肉本来の旨味がぎっしり詰まった、上州牛ヒレ(フィレ)は、赤身で最も柔らかい肉質できめが細かく脂肪が少なめです。大きな牛でもわずかしか取れないので貴重な最高級肉です。

上州牛サーロイン

ステーキといえばサーロイン。ヒレについで柔らかく、きめが細かく脂の上質な旨みをともなった牛の最上級部位のひとつです。

四万温泉柏屋旅館で、群馬のブランド牛をぜひ、お楽しみください!

四万温泉柏屋旅館のラインナップ

最上級! 加藤牧場・上州和牛A5のステーキプラン

上州和牛A5ステーキ
上州和牛A5ステーキ

私たちが自信を持ってお勧めする、最高品質の和牛をお召し上がりいただけるのが、上州和牛A5のステーキプランです。

品評会にて最優秀賞の受賞経験がある加藤牧場の黒毛和種『A5上州和牛』サーロインを贅沢に150g!

≪しっとりとしていて、やわらかいけれどハリがある肉質≫

キメも細かく、火を通した瞬間、霜降りからやわらかく溶け出す旨み。
口の中で「ふわり」と溶けてなくなるような“上質のうまみ” をじっくりと、ご堪能ください。

上州和牛A5のステーキプラン

一番人気の上州牛ステーキプラン

上州牛ステーキプラン
上州牛ステーキプラン

私たち、四万温泉柏屋旅館で一番人気のご宿泊プランです。

ご夕食時に通常の献立に加え、大人気の上州牛ヒレ(フィレ)120gステーキまたは上州牛サーロイン150gステーキを追加しました。

ご自分で焼きながら召し上がっていただくスタイルですので、お好みの焼き方でお楽しみください。

上州牛ステーキプラン

群馬のお肉を食べ比べ~ご当地美肉対決~

A5、猪豚、ヒレ
ぐんまのお肉を食べ比べ

色々なお肉を楽しみたい方にはこのプランがおすすめ。

品評会にて最優秀賞の受賞経験がある加藤牧場の黒毛和種『A5上州和牛』サシの入った「サーロイン」、上州牛の最高級部位「ヒレ」と、そして、知る人ぞ知るご当地グルメ天空の秘境・群馬県上野村育ちの『猪豚』

上記3点を食べ比べできる、贅沢グルメプランです。

ぐんまのお肉食べ比べプラン

グルメ旅に、ご自分へのご褒美に、記念日に、群馬のお肉を四万温泉柏屋旅館でお楽しみください!

ご夕食が「初夏の献立」になりました


新緑や四万ブルーをイメージしたお料理など、初夏らしい素材をフレッシュに薄味で仕立てました。

赤鱒、ハーブ豚、花豆など県産素材もたっぷり使いました。           

料理長 坂本憲彦

四万温泉柏屋旅館の料理

食前酒
大盃の梅酒

 榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

花まめ、刺身こんにゃく、梅酒
定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
グリーンピース豆腐

グリーンピース豆腐
花茗荷 美味出汁
新緑を思わせるグリーンを出汁味で。

焼物
群馬県箱島赤マスの香り塩燻焼

赤鱒のスモーク香りづけ
新薩摩 山桃 谷中生姜 蓼酢
県産赤鱒に、りんごの木のスモークで香り付けし、焼き上げました。

中皿
季節野菜の四万温泉グリル

季節野菜の四万温泉グリル
嬬恋村産ヨーグルト入りババガヌーシュ風ディップ
南瓜、姫竹、甘長、ヤングコーン、スナップエンドウ、コールラビ、赤茄子、 白瓜、赤パプリカ
柏屋名物の野菜料理。色とりどりの野菜を中東の定番であるババガヌーシュ風のソースでお召し上がりください。

煮物
冬瓜含煮 赤城鶏そぼろ餡

冬瓜含煮 赤城鶏そぼろ餡
芽オクラ マジックレッド
しっかり出汁を含んだ冬瓜をお楽しみください。

小鍋
県野菜と群馬ハーブ豚トマト旨塩鍋

県野菜と群馬ハーブ豚トマト旨塩鍋
白菜 豆苗 白美人 木耳 青紅葉麩 ハーブ豚肩ロース
トマトの酸味が効いたお鍋です。

留肴
しろ菜胡麻和え

しろ菜胡麻和え
ビーツ甘酢短冊
あっさりとした食味とシャキッとした食感が特徴のしろ菜を胡麻和えでお楽しみください。

釜飯
その場で炊上、上州牛のもち麦釜飯

県産牛蒡 赤みず
旨みたっぷりの上州牛の釜飯です。ごぼうと赤みずの歯ごたえもお楽しみください。
食物繊維豊富なもち麦もミックスしました。
※当館は中之条産コシヒカリを使っています

吸物 蓴菜 はす芋 紫芽 青柚子
香物 漬物二種
デザート
サンゴールドキウイ ソルティーライムジュレ
佐藤錦 ブラックベリー ミント

デザート

ベースも群馬産を中心に!


正田醤油

私たち、四万温泉柏屋旅館は、群馬県の地産地消推進店に認定されています。

花豆、刺身こんにゃく、沢田のリンゴジュース、県産野菜、群馬のブランド豚、ギンヒカリや武尊マスなどの渓流魚など、たっぷりと県産素材を使用しています。

オプションで選べる上州牛ステーキやA5ランクの上州和牛などもお楽しみいただくことができます。

そして、それらのベースとなる和食に欠かせない調味料類も、極力群馬県産のものを使うようにしています。

例えば、醤油。
柏屋旅館では群馬県館林市にある醸造元・正田醤油のものを使っています。

正田醤油は明治創業の群馬県を代表する醤油メーカーです。

お味噌は、地元中之条町の徳茂醸造舗さんの味噌を使っています。

中之条駅前にある、小さな味噌蔵です。

最近では、味噌ジェラートや塩麹ジェラートなどもやっていますので、お帰りの際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

料理酒も地元の酒蔵・貴娘酒造のお酒を主に使用しています。

とは言っても、海なし県の群馬県。
どんなに頑張っても、かつお節や昆布などは入手できません。

これらの素材は、静岡県の専門商社の方と綿密に打ち合わせを行い、納得のゆくものを仕入れています。

四万温泉柏屋旅館で和食の旨味もぜひご堪能ください!

早春のおもてなし ご夕食の献立


早春のお料理

早春のご夕食の献立は、冬の名残と早春のコンチェルトがテーマです。
春を思わせる食材とからだを温める料理との協奏をお楽しみください。

料理長 井上哲夫

食前酒
大盃の梅酒

榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

花豆、こんにゃく、梅酒
定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
菜の花と山独活の山葵和え

菜の花山葵和え
さっとボイルした菜花と山独活を山葵の効いた出汁でお召しあがりください。天に芽甘草(めかんぞう)を載せました

焼物
大根のステーキ

大根のステーキ
出汁の旨みをたっぷり吸った大根のステーキに牛バラ肉を合わせました。

中皿
雲丹のフラン

ウニのフラン
色鮮やかな塩味の雲丹(うに)のプリンです。バナナが隠し味の人参ソースを敷きました。

煮物
馬鈴薯饅頭

馬鈴薯まんじゅう
中に鰆とそら豆を包んだ馬鈴薯饅頭です。もちっとした歯ごたえと胡椒の風味をお楽しみください。

小鍋
上州麦豚と塩鱈の酒粕鍋

粕鍋、上州麦豚
春とはいえまだ寒さの残る四万温泉。粕鍋で体を温めてください。麦たっぷりの飼料で育った群馬名産の麦豚の粕鍋です。

留肴
高野豆腐とグリーンピース

グリーンピースと高野豆腐
緑鮮やかなグリーンピースと高野豆腐のハーモニーをお楽しみください。

釜飯
その場で炊上げ、若ごぼうのご飯

若ごぼうのご飯
蓋をあけるとふわっと香る若ごぼうが食欲をそそります。
※当館は中之条産のコシヒカリを使っています

吸物
若竹碗

春の定番の吸物。九州産の筍を使いました。

香物
漬物三種

デザート
胡桃の入ったブラウニーと苺のムース

デザート
香ばしいクルミ入りのチョコレートブラウニーと群馬県産の苺をつかったふんわりムースです。

盛夏のおもてなし、ご夕食の献立


四万温泉柏屋旅館のご夕食

四万温泉にも盛夏がやってきました。利根水系で育った鮎や赤城鶏など県産素材とビタミンやミネラル豊富な夏野菜を組み合わせ、暑い夏を元気に過ごせる献立です。
料理長 井上哲夫

食前酒
大盃の梅酒

榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

花豆とこんにゃく
※illustrated by Y.Miyamoto
定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
グリーンレタスのお浸し

グリーンレタスのお浸し
夏の光をたっぷり浴びて緑に育ったレタスの外側と枝豆、パプリカのお浸しです。

焼物
鮎の一夜干しと茄子田楽

鮎の一夜干しと茄子田楽
鮎をひと手間かけて三枚におろし一夜干しにしました。アントシアニン豊富な茄子田楽とともにどうぞ。

中皿
焼きトマトと二種のチーズのサラダ

焼きトマトのサラダ
モッツァレラとマスカルポーネとトマトのサラダです。抗酸化作用や美肌効果が高いと言われるブロッコリースプラウトを添えました。

煮物
冬瓜海老そぼろ餡かけ

冬瓜の海老そぼろ餡
冬瓜を柔らかに煮含め、海老のそぼろの入った餡をかけました。

冷やし皿
赤城鶏の酒蒸しと夏野菜の胡麻浸し

赤城鶏と夏野菜
県産赤城鶏を酒蒸しにしパリッと皮目を焼いたのち冷やしました。たくさんの夏野菜とともに、胡麻の効いた出汁でどうぞ。

留肴
白瓜昆布締め 黄身酢かけ、心太

白瓜
昆布締めの白瓜におくらや梨などを添えました。心太と黄身酢の酸味が爽やかです。

釜飯
その場で炊上げ、とうもろこしのご飯

とうもろこしご飯、鱧
県産のとうもろこしと一緒に炊込みます。
※当館は地元中之条のコシヒカリを使っています

吸物
鱧真薯(しんじょ)のお吸い物

塩焼きした鱧(はも)が入った真薯です。

香物
三種盛

デザート
レモンムースとフレンチトースト

レモンムースとフレンチトースト
夏にぴったりの爽やかなムースとプチフレンチトーストです。ブルーベリーと巨峰を添えました。

初夏のおもてなし、ご夕食の献立


初夏のおもてなし

新緑が日増しに濃くなる四万温泉。「香味野菜ですっきりと」をコンセプトに、初夏の爽やかさをお食事にも反映してみました。群馬特産の銀ひかりや赤城鶏もお楽しみください。
料理長 井上哲夫

食前酒
大盃の梅酒

 榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

花豆とこんにゃく
※illustrated by Y.Miyamoto
 定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
おくら胡麻豆腐

おくら胡麻豆腐
緑のグラデーションが新緑をイメージさせる一品です。昆布出汁風味でどうぞ。

焼物
群馬特産・銀ひかりの山椒焼き

銀ひかりの山椒焼き
群馬特産の渓流魚・銀ひかりの木の芽風味の焼き物です。香味野菜のセロリをあしらいに。

中皿
海老と彩り夏野菜の寒天寄せ

彩夏野菜の寒天寄せ
ソースも含め9種の野菜のハーモニー。野菜をじっくり煮込んだ出しがベースです。バジルとトマトのソースをからめてお召あがりください。

煮物
丸茄子茗荷煮

丸茄子の茗荷煮
丸茄子を油で揚げ、茗荷とともに煮込みました。茗荷の風味が爽やかです。

小鍋
とうもろこしすり流し鍋

とうもろこしすり流し
 とうもろこしと鰹出汁がベースのスープのお鍋です。群馬の赤城鶏と手作りじゃが餅、たくさんの野菜とともに。

留肴
芋がらの卯の花和え

里芋の茎を干したものを戻して煮揚げ、すっきり酢の物仕立ての卯の花で和えました。

釜飯
その場で炊上げ、新生姜と鶏そぼろご飯

釜飯とお吸い物
締めのお食事はすっきり生姜風味で。
※当館は地元中之条のコシヒカリを使っています

吸物
枝豆真薯(しんじょ)のお吸い物

緑鮮やかな枝豆入りの真薯です。

香物
三種盛

デザート
西瓜ゼリーとパイナップルりんごケーキ

西瓜ゼリーとケーキ
さっぱり西瓜のゼリーと、手作りプチケーキです。

クサソテツ


別名コゴミ
春、スーパーなどでよくみかける山菜ですね
新芽は一株から7~8本生えますが、株が弱るのですべての新芽をとらないで2~3本は残しましよう

またその姿は巻き込んだ先端を内側にして、向かい合うように生えています
まるでご近所さんで井戸端会議をしているように見えますね

湿気のある草地や林の中などでみられます
アクが少ないのでなんにでも合うようですね
意外に中華風に炒めても美味しいです
お試しを
(テツ)

タビラコ(ホトケノザ)


ご存知、春の七草のひとつ、ホトケノザがタビラコといわれています

水のまだ入っていない田んぼにへばりつくように葉を広げています
この姿から漢字で書くと田平子と表すそうです

春に花茎が10センチほどに伸び、枝分かれした先に黄色の花をつけます
冬から春にかけて若葉をつんで食用とします

摘んだ若葉を茹でてお浸しや和え物、炒め物、汁のみ、佃煮などでお楽しみ下さい
(テツ)

春のおもてなし、ご夕食の献立


ご夕食の献立が春のお料理になりました。

春にはたくさんの山菜や春の野菜が一斉に芽吹きます。
デトックス効果もあると言われる春の山菜と旬の食材を存分にお楽しみください。

食前酒
大盃の梅酒

 榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

DSC00768
 定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
春野菜と帆立のお浸し

たらの芽、こごみ、ウド
山うどやこごみ、タラの芽などの山菜と春の野菜とをするめのだしが効いたお浸しにしました。

焼物
鯛の煎り雲丹焼き

鯛の焼き物
春が旬の鯛を煎り雲丹を振った塩焼きに。オリーブオイルでソテーした春の野菜を添えました。

中皿
蔓紫の胡麻クレープ巻き、つぶ貝木の芽味噌添え


栄養価が高いと言われる蔓紫(つるむらさき)を胡麻風味のクレープで巻き、海老や木の芽味噌と合わせたつぶ貝を添えました。

煮物
若竹煮


出会いの若布と筍を炊き合わせました。赤土の新じゃがとともに。

小鍋
山菜麦豚鍋

 わらび、ふき、ぜんまいなどの山菜と群馬県産麦豚のお鍋です。甘みを感じる白味噌仕立てで。

留肴
芹と椎茸の白和え

芹と椎茸の白和え
春の香りの芹を優しい味の白和え衣で和えました。

釜飯
その場で炊上げ、筍と桜海老のご飯

桜海老と筍のご飯
筍の食感とこくのある桜海老の風味をお楽しみください。
※当館は地元中之条のコシヒカリを使っています

吸物
あおさ海苔の赤だし

春の香りたっぷりのあおさ海苔をお楽しみください。

香物
三種盛

デザート
桜杏仁豆腐、わらび餅、小豆


桜の香りの杏仁豆腐です。わらび餅は小豆とともにどうぞ。

ハマボウフウ


漢方の薬草のボウフウに似ていて海岸の砂地に生えるのでハマボウフウと名ずけられました

防風と書いて文字通り砂をかぶり風を防いでいます
ちなみに[防風採り]は早春、3月の季語になっています

緑色の若葉と黄白色の根元をそれぞれ料理します
可愛らしく刺身に添えたり、生でサラダに加えたり、さっと湯がいて胡麻和えなどでお楽しみ下さい
(テツ)

早春のおもてなし、ご夕食の献立


2015年2月からの夕食の献立です。

春は目の前。とはいえまだまだ寒い日が続きます。そこで、暖まる食材やバランスの良い食材で「冷え解消」を目指した献立をご用意しました。

食前酒
大盃の梅酒

 榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

DSC00768
 定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
胡麻豆腐、花山葵

DSC00755
胡麻は漢方では体を温める「陽性食品」と言われています。昆布の旨出汁でどうぞ。

焼物
大根ステーキ焼豚添え

DSC00777
出汁をたっぷり吸った大根をソテーし、群馬の麦豚を添えました。色鮮やかな春菊のソースで。

中皿
長葱のムースと合鴨の燻製

DSC00746
体を温める効果のある長ネギをムース、焼き葱、揚げ葱の三種の調理法で楽しんでください。合鴨の燻製とともにどうぞ。

煮物
馬鈴薯饅頭

DSC00778
じゃがいもベースの饅頭の中に鰆とエリンギが入っています。野菜だけで取った優しい出汁の餡で召し上がってください。

小鍋
豆乳鍋

DSC00788
 柚子胡椒を忍ばせた豆乳ベースのお鍋です。体を温める効果のある生姜入り鶏団子と帆立団子が入っています。

留肴
菜の花 黄身辛子和え

DSC00752
早春の雰囲気たっぷりの菜花をピリ辛の黄身辛子で和えました。

釜飯
その場で炊き上げ、かやくご飯

DSC00797
鶏、蓮根、椎茸、牛蒡、人参などたくさんの具の入ったご飯です。
※当館は地元中之条のコシヒカリを使っています

吸物
若竹椀

早春の定番。柔らかな筍とわかめの風味をお楽しみください。

香物
三種盛

デザート
きな粉プリンとメレンゲぼうろ

DSC00791
柔らかプリンの上には生姜入り金平糖をトッピング。アーモンド風味のメレンゲぼうろもお楽しみください。

ツバキ


冬でもつやのある緑の葉を保つ常緑樹ですがアンコ入りの道明寺粉を椿の葉で挟んだ椿餅は平安時代には宮中の祭祀に用いられていたそうです

葉は昔、甘露煮などのつや出しに使われていました

花は生で天ぷらに

軽く湯がいて三杯酢で酢の物に

湯がいて他の葉物と合わせお浸しでどうぞ

(テツ)

 

 

 

ハハコグサ


キク科別名、コウジバナ、モチバナ
春の七草のオギヨウのことです

今は七草粥のほかにあまり利用されていませんが、別名のモチバナの名のとおり昔はヨモギの代わりに草餅に利用されていたようです

葉や茎に綿毛が多く密生していて少々舌触りが悪いのが難点です
春の七草にかぎりませんが野草にはデトックス効果がありますので皆様たまには野草を食し一年を元気にお過ごし下さいませ
(テツ)

冬の根菜はすごいぞ!


四万温泉柏屋旅館 冬の献立
四万温泉柏屋旅館の冬のご夕食

冬の根菜はすごいぞ!をテーマにした、根菜たっぷりのお料理です。根菜類は、食物繊維やビタミン類を豊富に含む、栄養たっぷりな食材です。赤城鶏や鮭とともにごゆっくり味わってください

食前酒
大盃の梅酒

榛名山麓の酒蔵「大盃」の日本酒で作った梅酒です。群馬は東日本一の梅の産地でもあります。

名物
女将の手作り、花豆と刺身こんにゃく

定番でご好評をいただいている一品です。
手作りと地元吾妻産にこだわっています。

先附
公魚(わかさぎ)南蛮漬け

公魚の南蛮漬け
冬が旬の公魚をカラッと二度揚げにし、菊花蕪とともに南蛮酢に漬けました

焼物
赤城鶏と舞茸の塩焼き

赤城鶏、舞茸、肝松風
鶏もも肉の串焼き、鶏の肝松風、舞茸、人参マリネなどを朴葉に載せました。

中皿
冬の根菜のオリーブ焼き

根菜たっぷり、オリーブオイル焼
長芋、蓮根、下仁田ネギ、ビーツなどをオリーブオイルで焼き、カリフラワーベースのソースを添えました。チシャトウとブロッコリーもご一緒に

煮物
小蕪の鶏そぼろ餡かけ

小蕪の鶏そぼろ餡かけ
皮付きの蕪を時間をかけてじっくり火を通しました。まるごとお楽しみください。

小鍋
鮭と根菜の粕汁鍋

鮭と根菜の粕汁鍋
寒い季節にうれしい、身体の芯から温まる粕汁のお鍋です。根菜類も沢山入っっています。

留肴
菊菜と山えのき胡麻浸し

菊菜と山えのき胡麻浸し
出汁をたっぷり吸った山えのきと菊菜を胡麻で和えました。

釜飯
その場で炊き上げ、大根ご飯

生のままごま油で炒めた大根と、切り干し大根とを炊き込んだご飯です。
※当館は地元中之条のコシヒカリを使っています

吸物
里芋真薯(しんじょ)

里芋と白身魚を合わせ昆布だしを含ませた真薯をお楽しみください。

香物
三種盛

デザート
焼き芋プリンとブラウニー

DSC00057
お芋の自然な甘みのプリンと手作りチョコレートブラウニーです。いちごも添えました。

マイタケ


これから本格的鍋シ-ズンで登場の機会も増えると思います

残念ながら天然物は本当に少ないです
じっくり天然物を見てみると皆が一斉に手を天に向け踊っているようにも見えますね

やっと見つけたキノコをみて踊り出したという語源を思い出します

栽培ものは新潟県が一番の出荷数だそうです
ちなみに群馬県は五番目だそうです

マイタケというと何といっても秋田県のキリタンポ鍋を思い出します
比内鶏、芹、などと共にマイタケはなくてはならないキノコですね
群馬県も、オキリコミや鍋にたくさん入るようです

長時間汁に浸かっているとアクで汁全体が茶色っぽく色が着いてきますのでご注意下さい

サッと煮て食感と香りを楽しんでください
(テツ)