縁結びの摩耶姫伝説

摩耶姫祭りとつるし雛、摩耶の滝の摩耶姫伝説
四万温泉(しまおんせん)では、毎年、2月中旬から3月中旬にかけて
「摩耶姫祭り(まやひめまつり)」として、吊るし雛やお宿やお店に代々伝わるおひな様が温泉街中に飾られます。
「摩耶姫」は、四万温泉の奥の摩耶の滝に伝わる縁結びの「摩耶姫伝説」に由来しています。
公認キャラ「摩耶姫ちゃん」も登場しました。

摩耶姫伝説(伝)

摩耶姫伝説むかし、この滝から5~6里ばかり川下に巨人のような大きな手でひっかいたような高さ15丈(4~5メートル)ぐらいあろうか、このような断崖があり天狗の仕業だと、その近くに天狗様をお祀りして五社天狗と呼んでいます。

 その近くに若夫婦が何不自由なく仲よく恵まれた生活をしており近所の人がうらやむほどでしたが、どういうことか、子宝に恵まれず子供がほしくて毎日神棚と仏だんにお祈りをしておりました。

 すると、そのかいあってかその翌年に玉のようなかわいい女の子が生まれました。

 名前をお坊さんに頼むと、その坊さんは薬師様にお願いして授かった子だから、仏さまにあやかり『摩耶』とつけようということになりました。

夫婦は『かわいくて、かわいくて目の中に入れてもいたくない』のたとえのように育てました。

大きくなるにつれてその美しさは増すばかり、あまりの美しさに誰言うとなく『摩耶姫』と呼ぶようになりました。やがて摩耶姫が年ごろになると、ほおっておくわけがありません。
近所の人はもちろん遠くからも縁談が降るように来ます。

だが摩耶姫の気にいった男は一人も現れません。

四万温泉の摩耶の滝  ある日、摩耶姫が近くのお不動様にお参りすると、一人の老女が現れて、『あなたは美しい人だ、だんな様はいるのですか』と聞くので『いません』というと、その女の人は『それでは四万の薬師様の奥に大きな滝があるが、そこへ行ってごらんなさい』と言ってくれました。

摩耶姫は半信半疑でしたが、翌日良い天気なので新緑の谷を小鳥の声を聞きながら登って滝のところまで行きました。

しばらくの間、滝の水の落ちるのをながめ、大きな音を聞いていました。
が、何も変ったことはありません。やっぱり夢だったのだと、あきらめて帰り始めました。
5~6間も歩いたと思うと『ガサガサ』と大きな音とともに鹿を追ってきた男が目の前に立ちふさがりました。

はっと驚き見上げると今まで見たこともあったことのない素晴らしい男でした、しばらく顔を見合わせていましたが、やがて摩耶姫はいままでのことを話します。

男は『何か良くわからないが不思議な夢を見た』と言うのです。

二人はこれは『お不動様の引き合わせ』と、これを機に意気投合するようになり将来をちぎる仲となったのです。

両親も反対するわけもなく二人は晴れて結ばれ、仲むつまじく良く働き人のうらやむ家庭を作ったのです。

のちに滝にところに石の不動様をつくりおまつりし感謝の気持ちを忘れなかったと言います。
この不動を滝不動と呼んでいます。
これからこの縁にちなみ、この滝を摩耶の滝と名づけ、四万温泉の名勝となり、雄滝と雌滝があり水量も素晴らしい滝です。。

四万温泉摩耶姫伝説公認キャラクター 摩耶姫ちゃん

摩耶姫ちゃん
フリガナ:マヤヒメチャン
誕生日:2月28日  年齢:17歳(永遠の17歳)  身長:154cm 体重:42kg
出身地:沢田村(現中之条町折田地区)
好きな食べ物:りんご  嫌いな食べ物:無し
趣味:お裁縫、手芸(豆人形作り)  特技:動物の言葉が分かる

不動くん
フリガナ:フドウクン
誕生日:4月28日(白岩不動お祭りの日)  年齢:20歳(永遠の20歳)  身長:175cm  体重:65kg
出身地:四万温泉
好きな食べ物:肉  嫌いな食べ物:無し
職業:マタギ
趣味:魚釣り  特技:木登り

摩耶姫ちゃんのお供のキャラクター(カモシカとキジバト)

カモシカ
名称:くらっぽ  年齢:2才  性別:オス
好きなもの:葉っぱ  嫌いなもの:お花
趣味:ボーっとする
特技:周りの景色と同化する
性格:おっとり、マイペース

キジバト
名称:しまっぽ
年齢:7才(割とベテラン)  性別:メス
好きなもの:ハトの餌  嫌いなもの:麦
趣味:道路をお散歩
特技:おねだり
性格:人なつっこい

空室検索・予約

年月日泊大人名さま検索

  • 宿泊プラン一覧
  • お部屋から探す
  • 空室状況
  • 空室カレンダー一覧
  • 表示価格は消費税込です

お気軽にお電話ください 0279-64-2255最低価格保証 公式サイトが一番お得ですお支払いは現金のほか、各種クレジットカードがご利用いただけます。