タグ別アーカイブ: スキー

GWなのにまだまだ雪が楽しめます- 高原ドライブを楽しもう


雪の回廊
雪の回廊も楽しめます

GWが明ければ、もう立夏。

でも、四万温泉からの快適ドライブで、まだまだ雪を楽しむことができます。

四万温泉から沢渡温泉や草津温泉を経由して長野県に抜ける、国道292号(志賀草津高原ルート)は、日本の国道最高地点を走る、標高2000m超えのルートです。

今年(2017年)は、残雪が多く、渋峠スキー場には170cmもの積雪があり、朝の気温は何とマイナス2度!
真冬と同じコンディションで、スキーを楽しんできました。

渋峠スキー場
GWなのに雪がたくさん

そして、ラムサール条約登録湿地で、夏には楽しい山歩きが楽しめる、芳ヶ平もご覧のとおり、雪の中。
春はまだまだ先のようです。

芳ヶ平
雪の芳ヶ平

四万温泉から渋峠まで、順調なら1時間半。
季節はずれの銀世界をお楽しみください。

六合から草津に登る国道292号の「寅さんのバス停」では、見事な鯉のぼりを見ることができました。

※ 寅さんのバス停 – 映画「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」。そのラストシーンで、使われたバス停

四万温泉から長野県境の志賀高原へ!爽やかな高原ルート


渋峠、志賀草津高原ルート

冬の間(11月下旬から4月下旬)は通行止めになってしまう、国道292号線(志賀草津高原ルート)の開通に合わせてドライブ&スキーを楽しんできました!

四万温泉からですと、沢渡温泉-暮坂峠-道の駅六合-草津温泉-草津白根-渋峠-志賀高原というルートですので、温泉やら道の駅やら絶景やらいろいろ楽しめ、夏はとても涼しく快適なドライブコースです。

途中、六合では野反湖への分岐もあります。

お帰りは、上信越道の信州中野ICが便利です。

四万温泉から信州中野ICまでノンストップで2時間半くらいのドライブコースです。

草津温泉を抜けて登ると見えてくるのが草津白根山。
いま(2016・4現在)は、やや火山活動が活発なので駐停車禁止で登ることはできませんが、登れるようになったら不思議な色をした、湯釜にぜひ足を運んでみてください。

万座温泉への分岐を過ぎ、しばらく走ると、県境の峠、渋峠(しぶとうげ)に到着します。
峠のてっぺんの建物が、群馬と長野の県境に建っている珍しい建物なので、ここで記念写真が定番です。

群馬長野県境

続きを読む

インナーの話


最近、四万の冬を満喫しようとスノーシュー
にハマってます。冬景色は幻想的で四季の
中で一番自然を感じられる季節ですね。

冬のアウトドアライフも「ファイントラック
アクティブスキン」を普段着ているインナー
の下に追加するととても快適です。
ファイントラック

撥水効果が高く、汗をかいても肌が
濡れている感覚がありません。
P2131192

スキーをされる方はリフト待ちの際、寒さを
感じにくいと思います。
ちなみにヒートテックなどはとても暖かい
ですが生地にレーヨンが含まれているので
水分を逃がしません。汗をガンガンかく
スポーツでは寒く感じるかもしれません。

群馬のスキー場は今、雪質も良く
楽しめます。四万温泉からのスキー場は
以前社長がご紹介いたしましたが
http://www.kashiwaya.org/blog/?p=7538#more-7538
ウィンタースポーツ+四万の温泉で
短い冬をぜひ楽しんでください(´∀`)。

(shou)

四万温泉でスキー・スノボを楽しむには?


四万温泉は群馬県の北部山沿いとしては雪が少ない方なので、四万温泉の中やすぐ近くにはスキー場はありません。

でも、車で1-2時間の範囲にはたくさんのスキー場がありますので、四万温泉への行き帰りにスキーやスノボを楽しみまれるお客さまもたくさんいらっしゃいます。

そこで、四万温泉への行き帰りに便利なスキー場をまとめてみました。

たんばらスキーパークは夏のラベンダーもとても人気で、関越自動車道の沼田ICからおよそ30分ととても便利です。 続きを読む