中之条ビエンナーレも残り3日


今年もビエンナーレプランでたくさんの
お客様が柏屋にお泊りになられました。
感想を伺うと印象に残った作品は皆様
それぞれでしたが、とても良かったと言って
頂けました。
残りあと3日になりましたが、まだまだ
たくさんの方に見て欲しいですね。

私もいろいろ見て回りましたが、今回一番
印象に残ったのは伊参地区にある
「富沢家住宅」です。
GOPR0102_convert_20151009235130GOPR0096_convert_20151009235052元養蚕農家の茅葺き住宅ですが、立派な
建物にびっくりです。

かつてこの地方を
支えた基幹産業だったことがうなずけます。
ここから繭が前橋まで運ばれ生糸となり、
イギリスに輸出されたそうで、明治時代
イギリスでは生糸のことを前橋と呼んで
いたそうです。かつての群馬の産業を
支えた出発点だったんだと思いながら、
富沢家住宅を眺めると感慨深くさせられます。

帰りに暮坂峠にあるそば処「くれさか」に
寄ってきました。10割そばが大変美味しい
ですが以前よりそばが細くなっていました。
大将曰く「この細さまでたどり着くのに
13年かかった」そうです。
PA060483_convert_20151009235236食べやすく、しかもコシがあり大変美味しい
です。
今が旬のじゃがいもの天ぷらもおススメです。
PA060486_convert_20151009235306くれさかさんHP↓
http://www.kunimura-kankou.com/2009/07/post_169.html

(shou)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA