イワナシ(ツツジ科)


岩地などで生育し、枝は地面をはうようにのびます

春に桃色のつり鐘形の花が咲き、1センチ以下の実がつきます

初夏、実が熟し赤くなりましたら1つずつ摘まんで採ります

イワナシの名は実を食した感じは梨によく似ている所からきています

自生地の多くは自然保護区域に指定されています

ハカマを取り除き生で食べたり、焼酎漬にします

茶懐石料理の箸洗いや八寸など季節の旬や珍味として使います

ほのかな甘味と上品な食感を楽しんでください
とにかくとても貴重な食材になってしまいました
(テツ)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA