名物料理。


当館では夕食の献立を年に5回ほど変えていますが、昔から常に出し続けている<名物料理>があります。
それは大女将手作りの「花豆の蜜煮」と「こんにゃく」で、リピーターのお客様にも、いつも変わらない料理として覚えていらっしゃることが多いようで、「家に帰ってきた」という思いに似た感情を感じていただけてるように思います。
「こんにゃく」については、芋から大旦那が畑で作り、それを大女将が使ってるわけですから、完全に当館の自家製になります。
程よい甘さの花豆と食感が心地いいこんにゃく、ご来館の際には是非ご賞味ください。
tomii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA