ユキノシタ


ユキノシタ科
別名イドバス、イワブキ

冬、雪の間から緑色の葉っぱをのぞかせているのがユキノシタです 多年草で表面に網の目の様な模様があり、裏は紫褐色に染まっています

葉は昔から揉んで張り付けると、火傷、しもやけ、はれ物に絞り汁は子供のひきつけに効くといわれています

葉っぱは一年中利用できます 茹でて、和え物や炒めものや汁の具などに 緑が綺麗なので生で天ぷらが一番食欲をそそる感じがします
ボウズのころ、紫蘇の葉などより厚みがあるのでとても食べられるとは思いませんでした
(テツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です