ヨモギ


キク科
別名モチグサ
東京でも河原の土手などで摘んでいる人をよく見かけました

日当たりのよい土手や道端に緑白色の葉を広げています キクに似た葉は羽状にさけ、裏側には白い毛が密生しています

ナント言ってもヨモギ団子ですが茹でて刻むのが大変ですね これをおろそかにすると口当たりが悪くなります

料理としては魚のすりみと合わせヨモギしんじょ(お椀など)葛と合わせて練り上げヨモギ豆腐(先付など)ヨモギの天ぷらヨモギご飯などですが飾りにも使います

修行中の思い出にヨモギを刻んでいる時ナカナカ細かく刻めず時間が掛かった事を思い出します おまけに刻み終わった後のまな板と指先はヨモギの灰汁(あく)と色素で深緑にこれがナカナカ取れません…トホホ
(テツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です