ぜんまい


もうすぐ春本番。奥山の香りとあの独特の食感が何ともいえぬ味わい…そうです薇(ぜんまい)です

さっと茹でたぜんまいを藁の筵に広げて、ひたすら揉みます

繊維を揉みほぐし、水分を押し出しながらチリチリに縮むまで天日で干し上げます

口に入るのは雌です 胎内に生命を宿すかの様に新芽を綿帽子にくるんで出てくる裸葉が雌ぜんまいです

昔むかしはこの綿で着物を織ったそうです 深山の人達にとってはなくてはならない食材だったんですね
(テツ)

ぜんまい」への3件のフィードバック

  1. タケノコ!
    と高らかに謳っておいて中身は薇ですか?
    ナイスボケですなぁ~。(笑)
    さすがに海外視察帰りです。
    群馬ではまだ雪の下に春は眠っているんでしょうか。
    早くコイコイ春よ、来い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です