黒豆


師走になるとどこの乾物屋さんにもいろんな産地の黒豆がドッサリとならびます

大粒になればなるほど他の豆の何倍もの値段がつきまさに豆の王様

あなたは硬派ですか?軟派ですか?変な意味ではありません豆の硬さの好きずきです

豆に蜜を吸わせ皺なくプックリ膨らんだところが葡萄の様なので葡萄豆

一方皺がよるまで元気で生きましょうという縁起物ですから皺付き少々硬めが正当派という方もいらっしゃいます

どちらも味わいありますね いままで食してない方もぜひ一度チャレンジしてみてください (テツ)

黒豆」への1件のフィードバック

  1. ぷっくり膨らんだ葡萄豆も捨てがたいですが、硬めの黒豆の歯ごたえも魅力的ですね。
    毎日の弁当には入ってますが、お節の黒豆は名脇役と言うよりも、特別出演と言う存在感があります。
    食べたいな~、料理長の黒豆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です