たくさんの地元素材に恵まれて


柏屋旅館の夕食の献立は、およそ2、3ヶ月ごとに替わります。
上州牛や、赤城鶏、群馬特産銀ヒカリなど、お肉や魚も、県産素材をたく
さん使っていますが、献立に関わらず、定番で使っている食材も、たくさ
んの地元素材を使っています。
今日は、そのうちのいくつかを紹介しますね!
●お米
 中之条町の農家の小渕さんに作っていただいたお米を直接買い付けて使
 っています。
 購入ごとに精米するので、いつもおいしいお米をいただいています。
 あまり知られていませんが、中之条地区のお米は、昼夜の温度差、豊富な
 水資源といったおいしい米の生産に適した条件が揃っていて、良い評価を
 いただいている、隠れた人気米なのです。
中之条の田んぼ
Ca330149
●味噌
 同じ中之条町の味噌蔵・糀屋徳茂醸造舗さんに特注で作ってもらっている
 柏屋スペシャル味噌です。
 生きている味噌なので、入荷仕立てと最後の方で熟成度合いも異なり、み
 そ汁にしたときの色もだんだん濃い色に変わってきます。
●花まめ
 高原豆やベニバナインゲンとも言われているこの豆は名前のとおり高原で
 ないと大きな実がつきません。
 本州では、中之条町のある吾妻郡地方が最も良い豆が収穫できると言われ
 ています
 柏屋の花まめは、中之条町六合地区の標高1200mのところにある中高
 一貫の私立学校「白根開善学校」の農場の豆を使っています。
これが農場です
1
●野菜
 私の父親(先代社長)は畑仕事が大好きで、たくさんの野菜を作っています
 夏には、たくさんの新鮮な野菜を収穫して、板場に届けています。
 今の時期ですと、大根が柏屋自家農園産です。
2
柏屋の料理はこのほか、朝のリンゴジュース、洋食のジャム、食前酒、などなど
たくさんの地元の農産物に支えられています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA