月別アーカイブ: 2013年6月

さくらんぼ狩りに行ってきました


最近のよっしーは畑に行ってきましたよ

順調にトウモロコシとトマトが育っていたので一安心です

 

さてさて、沼田周辺ではさくらんぼ狩りがはじまったので行ってきましたが、

今年は早くから佐藤錦が食べられました

あまくておいしかったですよ

四万温泉から車で約1時間ぐらいです

よっしー

マタタビ


マタタビ科
別名ネコナブリ、ナツウメ

落葉性のつる植物で花は梅によく似ている五弁花です

初夏、花が咲く頃、白い葉をつけます
葉が白くなるのは表皮の下に空気の層が生じ、そこに光が当たりり輝くためだそうです

若葉は初夏、果実は秋です

若葉は塩ゆで、のち水にさらしお浸し、和え物に 果実は塩漬けや果実酒に

昔旅先で倒れた人がマタタビの実を食べたら疲れがとれ、〔また旅〕が続けられたそうな

(テツ)

閉館。


伊香保にあったとある美術館が閉館していました。

すでに2年前に閉館していて、いつも横を通り過ぎていたのに

気付いていませんでした。

一度行っただけで、終わってしまいました。 残念です!

色々と大変だったんだろうなと思いました。

(トミー)

 

 

四万温泉で足湯も楽しもう!


四万温泉の足湯 おきなや

入って良し、飲んで良しの四万温泉。

お散歩で疲れたら気軽に立ち寄れる「足湯」もいいですね。

写真の「おきなや」は柏屋旅館から約800m、そのほかにも、ゆずりは足湯飲泉所、日向見薬師の足湯でもお楽しみいただけます。

色んな形で温泉を楽しめるのも四万温泉の魅力ですね。

温泉美顔術!


源泉かけ流しの湯口からフレッシュな温泉を桶で汲み、適温にさまして洗顔の仕上げに。

それにタオルをひたしてしぼり顔にあてれば「温泉蒸しパック」が出来ます。

さらに裏技として、飲泉所の温泉をミニボトルに汲み、フレッシュなうちにフェイスシートにたっぷりとひたして夜寝る前に「温泉ビューティーパック」。

その後いつものスキンケアをすると効果アップです。

(Kazuya)

iPad mini プレゼント実施中!


四万温泉柏屋旅館

このたび、久しぶりにホームページをフルリニューアル。

画像もリフレッシュしたので、タブレットでもとてもキレイにご覧いただけます。

そこで、iPad mini を抽選で一名さまにプレゼントします!

ご応募はこちらから

締め切りは7月25日、お気軽にご応募下さい!

ツバメが巣立ちましたよ


最近のよっしーはバイクをカスタムしようと思ったところ

なかなか取りつけができずにいます

整備書などを見ながらコツコツ頑張っております

 

さてさて、旅館に巣を作って雛を育てていた燕さんが

巣立ちましたよ

今回は8羽ぐらいですかね

まだ、遠くへまでは行けないようでぴーぴー鳴きながら

近くをうろちょろしとります

なかなか初々しいですな

よっしー

わたしの他にも


ヤオコーのパン屋のは美味しいと以前投稿しました。

わたしの他にもパンが美味しいし、袋詰めが狙い目よねと他のスタッフとも話が出ました。

ブログには参加していないですが、いつも優しい笑顔でお掃除などを頑張っている田村さんです。

パンだけを目当てに買い物に行くのはちょっと・・・と同じ心境をお持ちでした。

時間帯によるし、モノにもよるけど、ヤオコーのパン屋はオススメです。

(なかじぃ)

巣立ち


今日は食材ではなく今週のはじめに柏屋の軒先から巣立ったツバメさんについて

昨年はいつの間にか巣立ってしまいましたが今年はハッキリと見ることが出来ました

それは突然やって来ました 朝食の準備をしていた時ふと外を見ますとフラフラと

危なっかしい飛行物体が見え隠れしました 近づいて良く見ると巣立ったばかりのツバメの子です

慌てて巣の方を見ますと後、二羽残っていました 辺りを見回すと近くの電線に

親鳥と巣に残っていた子の兄弟と思われるツバメ達が一直線に並んで応援しているかの様でした

時おり親鳥が巣の側まで近寄って巣立ちをそくしています 兄弟達は毛繕いと応援でイソガシイ!イソガシイ!

そのあとは朝食準備の為仕事に戻りました 少しおいて見てみると皆で居なくなりました

これだけ仲がよいファミリーも珍しいと思われます
(テツ)

泉質からみる美容パワー!


エリアごとに源泉があり成分のバランスが少し違いますが、主な泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉」。塩化物泉は塩の成分が肌の上に塩被膜となって残り、ヴェールのように肌を包んで保温&保湿、ほかほかしっとりが持続します。ナトリウムとカルシウムを含む硫酸塩泉は乾燥しがちな肌をしっとりと落ち着かせツヤツヤ美肌を目指す人にぴったり。pH値の平均は7前後で中性、やわらかで肌をふんわりと包み込む感触にうっとり。

ヤマユリ


ユリ科
別名エンザンユリ、ホウライジユリ

東北から近畿にかけ草原や山麓に自生する多年草です

花は白色で20センチの大輪です 中央に黄色の筋があり、朱色の斑点がちりばめられています

料理には俗に百合根として親しまれています球根を食しますが花粉の部分を取った花も煮付けて食す事が出来ます

花は梅雨が明けた夏に。球根を掘るのは秋です

球根の料理は何にでも合いますので限りがありません 姿のまま甘煮に、茶碗蒸しの具に、天ぷらに、蒸し裏漉し練ってお菓子に…など万能選手です
(テツ)